b9bbadfdedcff0acd62e5b5767551a78

一人で出来ちゃう!愛情ホルモン“オキシトシン”を増やす方法

幸せで穏やかな気持ちを生み出してくれる“ オキシトシン”は、より良い日々を送るのに欠かせない脳内ホルモンです。誰かに触れたり、抱きしめられたりすることで増えるのですが、ここでは1人でも出来るオキシトシンを 分泌させる方法をご紹介したいと思います。

オキシトシンの嬉しい効果♡

母親が子供を抱いたときに互いに分泌されるという脳内ホルモン“オキシトシン”。人への愛や思いやりを持つことで活発になるため、 愛情ホルモンとも呼ばれています。

オキシトシンには、気分を安定させ幸福感や愛情深い気持ちをもたらす作用があります。ストレスホルモンを減らし、イライラや感情の浮き沈み、不眠の解消にも役立ちます。

rr
出典:weheartit

さらには高血圧、動脈硬化などの疾患を予防する効果も期待されています!心と体の健康を生み出してくれるホルモンなのです。

オキシトシンを増やす方法

ここからは早速オキシトシンを増やす方法をご紹介していきます。いずれも簡単にできるものばかりですよ。

1、セルフマッサージ

スキンシップで分泌されるオキシトシンですが、自分で行うマッサージでも効果はあります。ポイントは優しくなでるように触れることです。

rrrrr
出典:weheartit

おすすめなのは、第二の心臓とも呼ばれるふくらはぎを揉むこと。血流アップにも繋がります。

2、鼻呼吸をする

常に気が張った状態だと、オキシトシンが分泌されにくくなってしまいます。分泌しやすい脳内環境をつくるには、副交感神経を優位にしリラックス状態を作ることが大切です。

rrrrrr
出典:weheartit

鼻呼吸にすることで、自然と呼吸が深くゆっくりになり、副交感神経が働くようになりますよ。

3、プレゼントを贈る

rrrrrrr
出典:weheartit

触れ合うことに限らず、誰かを思いやる気持ちがオキシトシンの増加を促します。あの人は元気かな?何をあげれば喜んでくれるだろう?と考え、手紙やプレゼントを贈ってみましょう。与えることで、自分の心が満たされるのが感じられます。

一人でいても、幸福感を与えてくれるオキシトシンを増やすことは可能です!ストレスを抑制する効果もあるため、オキシトシンを増やせばストレスを感じることも減りますよ。これを習慣にして、 幸せ体質を身につけましょう!