large

関わると厄介!マウンティング女子からうまく逃げる3つの方法

事あるごとに「私の方が上よ!」という態度をとってくるマウンティング女子。ターゲットにされると、いちいち張り合われて本当に疲れますよね。

絡まれにくくするコツを紹介するので、困った時にぜひ試してみてください。

右から左へ受け流す

large
出典:weheartit

マウンティングする人は、人から注目されたり、認められたりすることに飢えています。そのため、こちらがいちいち反応してしまうと、嬉しくなってまた絡んでこようとするのです。

露骨に迷惑そうにすると逆恨みされかねないので「ん~」「へ~」「そうなんだ~」と、一応相槌は打ちながらも、真顔で聞き流してしまいましょう。

マウンティングしても悔しがらない人だと認識されることが大切です。

また、卑屈な態度でいるとターゲットにされやすいので、日頃から堂々と振舞うようにしましょう。

自慢には鋭くツッコミを入れる

large
出典:weheartit

マウンティング女子の話にはとにかく自慢が多いです。ありのままの自分で勝負する自信がないので、時には大げさに話を盛ったり、身内や知人を引き合いに出してきたりすることも。

そういう時は「それ、本当?」「もう少し詳しく聞かせて」とツッコミを入れると「やばい!」と感じて次からは自重するようになります。

ただし、恥をかかせてしまってはいけないので、他に第三者がいる時は聞き流してあげたほうが良いでしょう。

相手の存在をまるごと受け止める

large
出典:weheartit

マウンティングをする人は、心の中に満たされない虚しさや孤独を抱えています。

子供の頃に親からたくさんの愛情をもらえなかったり、人とうまく付き合えなくて寂しい思いをしたりしていたため、人を無条件に信頼することがとても難しいのですね。

ですから、相手をまるごと受け止め、存在を認めてあげると「もうこの人の前では突っ張らなくていいんだ」と安心でき、少しずつマウンティングが減っていきます。

ただし、今度は過度に依存されてしまう可能性があるので、突き放すべき時はきっぱりと拒絶することも必要でしょう。

マウンティングにはまともに張り合ってはダメ!

マウンティングの真の目的は「私を見て! すごいって認めて!」ということなので、いちいち反応せず、うまくスルーすることで相手も張り合いをなくしていきます。

気持ちに余裕があれば、とことん話を聞くことで落ち着く場合もありますが、依存されすぎないよう付き合い方には十分に気を付けてください。