large

日記をつけると運がよくなる!【3つの本当の理由】

日記をつける習慣のある人は、そうでない人に比べて運気を上げる力が高まりやすくなります。それは一体なぜなのでしょうか? 日記によって運がよくなる理由と、続けるためのコツについて説明します。

1.自分を客観的に見ることができる

自分のことというのは案外よく分からないものですが、日記をつけることで自分の考え方や行動などを客観的に見ることができるため、その後の気づきや反省につながりやすくなります。

そのためにも、日記にはできるだけありのまま、その時の感情も含めて正直に書くことが大切。良い部分はさらに伸ばす努力を、悪い部分はできるだけ改める工夫をすることで、運気はぐんと上昇します。


large
出典:weheartit

2.人への感謝の気持ちが生まれてくる

日記を正確につけるためにはその日の出来事をしっかり思い出す必要があるので、自然と誰かにしてもらったことや、かけてもらった言葉などについて、じっくり考えるようになります。

そうすると、その場では当たり前と思って気にしなかったことが、実は相手の親切によって成り立っていたのだという風に気づかされることが増え、人に感謝できる自分に生まれ変わることができるのです。

感謝のできる人は考え方がポジティブだし、自分も誰かに喜んでもらおうとするので、周りに良い人が集まって幸せになれます。


17ab268d499333bbd01d4db2e4c733a0_s

3.書き続けることで自信が身につく

日記は、始めるのは簡単でも、続けるのは非常に難しいもの。元旦に張り切って新しい日記を書き始めたものの、三が日が過ぎる頃には飽きて放り出してしまった……なんて経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

だからこそ、1年、2年とコツコツ続けられた人は、それが大きな達成感と自信につながります。自分に自信があると堂々とふるまうことができるし、表情もイキイキしてくるので、いろいろなことがうまくいくようになりますよ!


ayaさん(@a___y1925) • Instagram写真と動画
出典:instagram

日記をできるだけ長く続けるコツとは?

日記を飽きずに続けるには、無理をしすぎないことが大切です。毎日ぎっしりと書かなくてはならないと思うと嫌になるので「1行でもいいから必ず何かを書く」「どうしても気が乗らない時は休む」といった緩めのルールを作りましょう。

また、嫌なことが続いて日記を書くのがつらい時は、願望をたっぷり散りばめた「妄想日記」を書くのもおすすめ。思考は現実化するので、つらい時こそポジティブなことを考えると良いですよ。


ec5fb5a6a267c41c2f782537558d3571_s

日記のメリットを最大限に生かしてどんどん運気を上げよう!

日記をつけると運がよくなる理由や、長く続けるためのコツについて説明しましたが、いかがでしたか?

慣れるまでは大変ですが、一度習慣にしてしまえば自分の気持ちを楽に綴れるようになるので、まずは1週間頑張ってみましょう。日記はいわばあなたそのもの! うまく味方につければ、きっと役に立ってくれますよ。