2アンガーマネジメント

怒り感情コントロール!「アンガーマネジメント」とは?

「汗でベタベタ」「暑くてイライラ」など、蒸し暑い夏は気が立ちがち。こんな時は、些細な事でも不用意に怒ってしまうことがよくあるものです。しかし、怒りに任せた言動は、人間関係にヒビを入れてしまうことも。

アンガーマネジメントで、感情を上手にコントロールする術を身につけませんか。

アンガーマネジメントとは?

5OMVQABWD9

一般社団法人アンガーマネジメントジャパンによれば、自分の力で感情をコントロールできるようにする方法とのこと。

ポイントは、ストレスに伴う怒りの感情や行動の背景にある認知に焦点を当て、それらをより穏やかなものに変えることだそう。アンガーマネジメントは、1980年代にアメリカでいじめや暴力などの予防教育の一環として始められたもので、対人関係のスキルを高めるためにも大いに役立つそうです。

アンガーマネジメントのテクニック3選

2RPGG3QIDY

アンガーマネジメントは、怒りを無理矢理我慢するための方法ではありません。むしろ、アンガーマネジメントを使って、怒りを我慢せずに感情をコントロールしていきます。

①6秒間だけ気をそらす
怒りのピークは6秒間と言われており、この時間を何とかやりすごすことができれば、冷静さを取り戻せるのだとか。

「その場や人から離れる」「意識を他のものに移す」など、ついカッとなってしまった時は、6秒間だけ気をそらしてみましょう。

②身近な人に話を聞いてもらう
近しい人にほど愚痴はこぼしたくないものですが、感情をため込み過ぎることも怒りの一因に。

イライラや悩みを身近な人に聞いてもらうことで、溜まった感情を上手に発散させましょう。

③カラオケやエステなどでリフレッシュする
自分の好きなことや心地いいと感じることで、気分をリフレッシュするのもアンガーマネジメントには有効。

ストレスを解消することで、普段から怒りにくい状態を維持することができます。

アンガーマネジメントで人間関係を良好に

BF43HK5UJI

怒ることが少なくなれば良好な人間関係を構築しやすくなり、結果的に自分自身が生きやすくなります。
これらの3つのテクニックを参考に、感情のコントロールできるようにアンガーマネジメントを活用してみてくださいね。