3髪のうねり

え!ドライヤーは逆効果?簡単に髪のうねりを直す時短ワザ4step

時間がないときに限って、髪のうねりが気になるってことありますよね。
時間がないのに、髪がうまくセットできないとなればイライラも爆発しちゃいそう…

しかも、必死に直したはずの髪のうねりが時間がたったら戻っていた…なんてこともあるあるです。
これドライヤーが原因だったって知ってましたか?

ここでは忙しい朝でも髪のうねりを時短で簡単直す正しい方法を紹介します。

髪のうねりを時短で直す4step

髪のうねり

step1:髪のうねり部分の根元を濡らす

大抵の髪のうねりは根元を濡らすことで簡単に直ります。でも、あまりにひどい時はうねりの根元とうねり部分の両方濡らします。

NGなやり方

2髪のうねり

髪のうねりを急いで直そうと案外やりがちなのが、髪のうねりの部分を直接濡らしてドライヤーとブラシで引っぱりながら直す方法。これは時間が経ってくるとうねりが戻ってきてしまいます。

step2:濡らしたうねりの根元を指で擦りながら乾かす

うねり部分の根元をしっかり濡らしたら、指の腹を使って頭皮マッサージをするイメージで擦るように乾かしていきます。

NGなやり方

この時にドライヤーは使いません。急激な温度変化は髪にはよくありません。

step3:うねりのある髪を引っぱりながら乾かす

3髪のうねり
出典:gahag.net

うねりのある髪を指で少しずつとって、髪がまっすぐになるようなイメージで軽くひっぱります。これをうねりのある髪のところを全て同じようにくり返していきます。こうすることで、髪が自然に乾いてきます。

NGなやり方

この時にドライヤーもアイロンも使いません。使いたくなる気持ちをガマンしましょう。

step4:スタイリング剤で整える

髪のうねりが直ったら、ワックスやスプレーで髪の表面をコーティングします。これで時間が経ってもうねりが戻りにくくなります。

髪のうねりの原因は髪の水分量の変化

4髪のうねり

ドライヤーやアイロンを使うことは髪の内側の水分量を一気に減らすため、髪が硬くなり、うねりを直すのに時間がかかってしまいます。そして、髪のうねりが直ったとしても、時間が経って、水分量が増えてくると髪のうねりがまた始まるのです。

髪の水分量の変化を意識してみるとうねりも直しやすくなります。

こちらで、髪のうねりの予防法についても紹介していますので、ぜひどうぞ。

朝の髪のうねりは前夜のヘアケアで決まるって知ってた?