poolhair1

【プール】髪のパサつきを最小限にする「前後のヘアケア法」

プールに入った後に、何だか髪がパサつくとか、ごわつくとか感じた事はありませんか?

プールで楽しんだ後に髪がダメージを受けていたなんてことにならないように、髪がパサつく原因とプールに入る前後のヘアケアについて紹介します。

髪がパサつく原因はプールの塩素だった

poolhair0

多くの人が入るプールは衛生面の管理がとっても大切。プールの水の消毒を目的として、プールには塩素、元素記号でいうと”Cl”が入っています。この塩素こそが髪がパサつく原因だったのです。この塩素、あの漂白剤にも利用されているのです。

プールに入る前のヘアケアが重要

poolhair1
出典:出典名

プールに入っている塩素は髪のツヤのもととなるキューティクルを剥がしてしまうので、プールに入る前のヘアケアが髪のダメージに影響を与えます。

髪の表面をコーティングできるトリートメントやヘアオイルをつけることがポイントです。

また、屋外プールの場合は紫外線が避けられないので、髪用の日焼けスプレーなどを使って髪の日焼け対策が必要となってきます。

プールから出た後のヘアケアも重要

poolhair2

すぐにシャンプーすることが理想です。もしシャンプーができない場合は、シャワーを使ってしっかり塩素を洗い流し、帰宅したらすぐにシャンプーとトリートメントをすることが大切です。

そして、すぐに髪を乾かすようにしましょう。塩素がついたまま髪を濡らしておく時間が少なければ少ない方がベストです。

楽しかったプールでのひととき。
翌日髪がパサついて、なんだか気分が下がっちゃう…なんてことにならないように、プールの前後でのヘアケアには気をつけたいですね。