MDG9A5QT48

あなたの髪の毛がウィッグに!今注目のヘアドネーションとは?

最近、メディアで注目されているボランティア活動のヘアドネーション

普段何気なく切り捨ててしまっている髪の毛をウィッグとして再生し、必要としている子どもたちに寄付してみませんか?

ヘアドネーションとは?

MDG9A5QT48

年齢や性別を問わずにできる、髪の毛のボランティアのことです。
ヘアドネーションの窓口となっているNPO法人Japan Hair Donation&Charityでは、寄付された髪の毛でフルオーダーメイドの医療用ウィッグを制作。
頭皮の悩みを持つ18歳以下の子どもたちを対象に、無償でプレゼントを行っています。


寄付できる髪の毛の条件

8RSSVSVCSX

ヘアドネーションでは、くせ毛や白髪はもちろん、パーマやカラーをしている髪の毛でも寄付することができます。
しかし、ウィッグを制作するために、以下の4つが必須条件となっています。

①髪の毛の長さが31cm以上あること
②髪の毛が完全に乾いていること
同一人物の髪の毛が一つにまとめてあること
引っ張ってもきれないような髪質


ヘアドネーションの方法

barber-2165745_960_720

NPO法人Japan Hair Donation&Charityでは髪の毛だけの受け取りも行っていますが、ヘアドネーション初心者はヘアドネーション賛同サロンでお願いするのが安心です。

賛同サロンはNPO法人Japan Hair Donation&CharityのHP(https://www.jhdac.org/)の賛同美容室一覧から、地域ごとに検索することができます。


ヘアドネーションの流れ

86098a_ccedad6e7abf42c5aba361ea25820765-mv2

ヘアドネーションの賛同美容室では、上記のような流れで髪の毛をカットしていきます。
こうして切られた髪の毛は、賛同美容室からNPO法人Japan Hair Donation&Charityへと送られ、髪の毛の寄付が完了します。

また、髪の毛を寄付する際にはヘアドナーシート(同法人のHPからダウンロードできます)を記入・同送し、どのような髪の毛なのかを分かる範囲で説明してあげると親切です。
※ヘアドナーシートは必須ではありません。


返信用封筒の同封でお礼状が届きます♡

86098a_c3571b611cae4586b2d7d8c3312d2ac6-mv2

上記を参考に髪の毛に返信用封筒を同封して送ると、NPO法人Japan Hair Donation&Charityからお礼状が届きます。
今まではただ捨ててしまっていた髪の毛を必要としている子どもたちがいます。
自分の髪の毛がこうして誰かの役に立つのは、とても嬉しいものですね。