large

ヘアカラーで暗くなりすぎた髪色…”明るく戻す”お助け裏ワザ

ヘアカラーをしても、理想通りの髪色にならない時ってありますよね。 特に元の髪色より暗くなりすぎた時は、明るくなりすぎた時より手立てがなくて困ってしまうもの。

そこで今回は、髪色がヘアカラーで暗くなりすぎた時に、何とか自力で明るさを取り戻す方法をご紹介します。

ヘアカラーを自力で落として髪色を明るく戻す方法

シャンプーとトリートメントの回数を増やす

shutterstock_485058913

シャンプーをするとヘアカラーが落ちやすくなる、というのは有名ですよね。 しかしトリートメントも、ヘアカラーの色素を溶かして落とすと言われています。つまり、シャンプーとトリートメントの回数を増やした分だけ、髪を明るい色に戻すことができるのです。

ただし色持ちを良くするタイプのシャンプーやトリートメントでは意味がないので、普通の一般的なシャンプーやトリートメントを使用しましょう。

少し高めの温度のシャワーで洗う

shutterstock_506123728

髪を洗う時、シャワーの温度を少し高めに設定すると、ヘアカラーの色落ちが早くなります。 ただし温度が高すぎると頭皮や髪の乾燥を招いてしまうので、ほんの少し上げるだけにしておいてくださいね。

塩水を使う

dark_hair03
出典:pixabay

海へ行くと髪の色が抜けると思いませんか? 実はその通りで、塩水には髪を脱色させる効果があります。 そのため、家でも塩水を作って髪を濡らせば、ヘアカラーの落ちを早めることができるのです。

塩水は舐めてしょっぱいと感じるくらいがベスト。髪を塩水で濡らして少し揉みこんだらすすぎ流し、その後はいつも通りにシャンプーとトリートメントをしましょう。

暗くなりすぎても焦らずにコントロールしましょ!

large
出典:weheartit

いかがでしたか?いずれの方法にしても髪がパサつきやすくなるので、トリートメントなどのアフターケアを万全に行うことが大切です。

なお、元々の髪色が暗い場合は、上記のようなことをしても暗いままなので注意してくださいね。