#セルフネイル • Instagram写真と動画

可愛さ長持ち♡セルフネイルの持ちを2倍UPさせるコツ!

気軽にできて、リーズナブルなセルフネイル。 お出かけ前のおしゃれにもぴったりですが、持ちの悪さが難点。

せっかくきれいに塗ったのだから、少しでも長持ちさせたいですよね。

今回はセルフネイルを2倍長持ちさせるコツをご紹介します!

ネイル前の下準備

7d3400963ca1f86853e30cf18723f34b_s
出典:写真AC

甘皮をとる

ネイル前に甘皮処理をしておくと、長持ちし見栄えもよくなります。
お風呂上がりに、濡らした綿棒でやさしく甘皮を押し上げましょう。

とりすぎは爪を痛める可能性もあるため注意!
甘皮処理は2週間に一度が目安です。

油分をとる

油分はマニキュアを落ちやすくします。
ベースコートを塗る前に石けんで手を洗うか、除光液で爪の表面を拭いておくこと。

ハンドクリームを塗った後は、除光液をつけた綿棒で爪の部分をふき取ればOKです。

セルフネイルが長持ちする塗り方

pvc6BDZJmHuHulB1503442998_1503443009
出典:GIRLY DROP

ベースコートはカラーの密着を高め、ネイルの持ちを良くする効果があるので必ず塗りましょう。
ポイントは薄くぬること!

厚く塗ると表面が乾いても中身が生のままなので崩れやすくなります。
甘皮の少し手前から髪の毛1本分くらいあけて中央→両サイドの順で塗り、爪の先端も輪郭に沿って薄く塗りましょう。

爪の根元や先端から剥がれるので、ここをしっかり塗ることでもちが良くなります。
最後はトップコートをぷっくり塗って持ちと光沢をUP !

トップコートを2~3日に1回塗り直すのが長持ちのコツです。

乾かし方にも一工夫!

5fb5515e78953c09abb8bc263279f579_s
出典:写真AC

ネイルは製品にもよりますが、乾くまで最低でも2~3時間はかかます。
ドライヤーの冷風で乾かすという方法もありますが、もっと早く!というときは速乾スプレーが便利。

トップコート後にスプレーするだけで光沢のある仕上がりになり、マニキュアも早く乾きます。
氷水に浸すという方法もありますが、光沢が失われるのであまりおすすめしません。

アフターケアも忘れずに

#セルフネイル • Instagram写真と動画
出典:instagram

爪が乾燥するとマニキュアがはげやすくなります。
セルフネイルをしたらこまめな保湿を忘れずに!

欠けたり剥げたりした場合は、その部分にベースコートを塗りカラーで補修。全体にトップコートを塗れば大丈夫です。

先端部分にラメを塗り、グラデーションにすると見栄えもよくなりますよ。
ぜひ試してみてくださいね!