shutterstock_392381920

今さら聞けない!でも絶対押さえておきたいネイルの塗り方【超基本&コツ】

ネイルをきれいに塗るために、まずは抑えておきたい基本中の基本。基本過ぎて今更誰にも聞けないけれど、絶対知っておくべき!
そんなネイルの基本の塗り方と、キレイに塗るためのコツ、まとめてみました!
shutterstock_514839130


今さら聞けない!でも絶対押さえておきたいネイルの塗り方【超基本&コツ】

1. 手をキレイに洗う
爪の表面には、キレイに見えても油分がついています。油分がついていると、マニキュアを弾いてしまい上手く塗ることが出来ません。
まずは手や爪をキレイにする所からスタートです。

2. ベースコートを塗る
初めに爪の裏側とエッジの部分に、薄くベースコートを塗ります。
次に爪表面に、やはり薄くベースコートを塗ります。
ベースコートは爪を保護し、マニキュアの色が爪に沈着するのを防ぎ、カラーの持ちも良くしてくれます。
shutterstock_392381920

3. マニキュア(ネイルカラー)を塗る-1
マニキュアを少量に爪の裏側、エッジ部分に塗ります。刷毛を容器の口で軽くしごいて、液を多く取りないように注意します。

shutterstock_332619026

4. マニキュア(ネイルカラー)を塗る-2
次に、爪の表面を塗ります。刷毛の片面を容器の口でしごいて先端を少し広げます。
片方だけにマニキュアが付いた状態で、爪表面に塗ります。
爪の中央、甘皮付近から、爪に対して刷毛を45度の角度で当てて塗り始めます。
甘皮には付かないよう、ほんの少し空けるよう注意しましょう。
爪の先は、直角に近い角度でサッと刷毛を滑らせます。

甘皮のラインに沿ってカラーのラインが滑らかに繋がるよう気をつけながら、左右を塗ります。
マニキュアの液量は少し多め、を意識して片面だけに液が付いた状態をキープしましょう。

5. はみ出したら
はみ出してしまっても心配はいりません。
オレンジウッドスティック、なければ爪楊枝などに少量のコットンを巻きつけ、リムーバーを付けてはみ出した部分を拭き取ります。
甘皮はカラーが取れにくいので、付かないように注意しておきましょう。

6. 2度塗り
大抵の場合、1度塗っただけではカラーが薄すぎたりムラができるので、2度~3度塗ってボトルに見える色に近づけます。
表面にムラがなく、滑らかに仕上げるようにしましょう。

shutterstock_403960051

7. トップコートを塗る
マニキュアが乾いたら、塗った所を擦らないようそっと刷毛を当てて塗ります。
爪の裏側、エッジ部分をぬったら爪の表面に。トップコートを塗ることで、カラーのツヤが増し、持ちも良くしてくれます。
2~3日に1度、トップコートを塗り直すと、1週間ほどはきれいに保たせることが出来ます。


いかがですか? どんなネイルを塗るにしても、絶対に抑えておきたい基本とコツ、しっかり抑えて色々なデザインを楽しんでくださいね♪