longboots7

スタイルがよく見える♪スタイリッシュなロングブーツコーデ

秋冬、上手にコーディネートに取り入れたいロングブーツ。少し合わせ方が難しく、下手に履くとスタイルが悪く見えてしまいがち。

今回は、スタイリッシュでスタイルがよく見えるロングブーツコーデのコツをご紹介します。

スタイルがよく見える♪スタイリッシュなロングブーツコーデ

ボトムは細く

article-2587646-1C84E69C00000578-149_634x953
(出典:http://www.dailymail.co.uk/

ロングブーツを履くなら、ボトムはスリムにするのが鉄板。スリムなパンツを合わせると、下半身のシルエットが細くスッキリして見えます。


ボトムの色を揃える

longboots2
(出典:http://www.pinterest.com/

ブーツの色とボトムの色を揃えると、脚が細く長く見えます。特に黒など濃い目の色がオススメ。シルエットがよりタイトに引き締まります。

longboots3
(出典:http://yourfashion.co/


ウエストにポイント

c14
(出典:http://theonemagazinetrends.blogspot.jp/

ボトムをスリムにまとめると、上はゆったりしたトップスを着たくなりますよね。その時は、ウエストの位置が分かるようにベルトなどでポイントを置くようにしましょう。特にダボッとした丈の長いニットを着て太ももまで隠れ、ウエストの位置もわからないと脚が短く見えてしまいます。


longboots7
(出典:http://vanillaextract.me/

こちらは、太ももまでしっかり出ているので上がダボッとしていてウエストがなくてもOKなコーデ。ただし、元々のスタイルに自信がある人でないと難しいかもしれません。

スカートなら少し脚を出す

longboots8
(出典:http://www.pinterest.com/

ロングブーツをスカートに合わせるなら、少し足を見せるようにしましょう。こちらはハイウエスト気味でフレアーのミニスカートを履いているので、女性らしくキレイなスタイルが強調されています。

longboots9
(出典:http://www.pinterest.com/

生足を出さなくても、ストッキングやタイツを見せればOK。その場合は、タイツがスカートと区別の付くカラーの方がバランスよく見えます。


格好良く履きこなすには、ちょっとコツが必要なロングブーツ。ポイントを押さえてコーディネートすると、とてもスタイリッシュにまとまりますよ!ロングブーツを履く時は、ぜひ参考にしてみてくださいね。