shutterstock_284662400

セルフネイルをプロ並みに♪完成度をグッと上げる5つのコツ

たまには自分で、と気合を入れてネイルを塗ったのに、「なんだか仕上がりがビミョー……?」なんてこと、ありませんか?
プロの仕上がりと自分でやった時の仕上がり、決定的な違いは目立たないところにあります。

今回は、ネイルの完成度をワンランク上がる、ネイルのコツをご紹介します。

セルフネイルをプロ並みに♪完成度をグッと上げる5つのコツ

甘皮の処理
まずは、ネイルを塗る前に余分な甘皮をオフします。
簡単なのは、お風呂に入りながらお湯で甘皮をやわらかくし、ガーゼでクルクルと余分な甘皮を拭き取るようにオフする方法。
甘皮が残っているとマニキュアがキレイに乗らないので、余分なところは事前に取り除いておきましょう。

shutterstock_200066441

油分を落とす
爪に油分が残っていると、マニキュアがキレイにつきません。
マニキュアを塗る前にしっかり手を洗い、爪の裏側もキレイにしておきましょう。
エタノールなど、消毒液で爪の表面を軽く拭いておくとなお良いです。

ベースとトップをしっかり
ネイルは、ベースコートとトップコートをしっかり塗っておかないとすぐに剥げてしまいます。
特にトップコートは傷を防ぐのにも役立つため、爪先の断面までしっかり塗っておきましょう。

押し付けない
マニキュアを塗る時、つい刷毛を押し付けるようにして塗ってしまいがちです。
でも、刷毛を押し付けながら塗ってしまうと、ムラになったりキレイにマニキュアが乗らなかったりします。
刷毛の形をつけずポッテリした質感で塗るには、刷毛を押し付けずにすーっと力を入れずに伸ばすように塗るのがコツです。

shutterstock_284662400

はみ出しをオフ
マニキュアを塗っていると、はみ出してしまうことも少なくありませんよね。
そんな時は放っておかず、ウッドスティックや爪楊枝に除光液を含ませたコットンを巻き付け、細かいはみ出しもオフしておきましょう。
マニキュアがはみ出してしまうと輪郭がガタガタになり、全体がキレイに見えないので要注意です。
塗る時も、キレイに爪の形になるよう、カーブに気をつけて塗ると良いでしょう。
また、後からオフするのが面倒な場合は、爪周りに予めワセリンを塗っておくと、ティッシュなどで拭くだけでキレイに落とせます。


ネイルをキレイに仕上げるためには、細かい部分を丁寧にやることが大切。
ぜひ、上の5つのポイントに気をつけて、ワンランク上の仕上がりを目指してくださいね♪