hiesho01

下半身デブ化も防げる!脚の冷えを取り除く「梨状筋ストレッチ」

腰から下が冷えやすい人は「下半身型冷え性」!

顔はほてりやすいのに、腰から下が冷えてしまう…と悩んでいる人は多いもの。 実はそれは「下半身型冷え性」という冷え性の1種で、女性に多い症状なんです。

hiesho01

ちなみに冷え性は大きく分けて「下半身型冷え性」、「末端型冷え性」、「内蔵型冷え性」の3タイプがあります。 下半身型冷え性はお尻や脚が冷えるため、下半身太りになりやすく、むくみやすいという特徴があります。


下半身型冷え性を改善する「梨状筋ストレッチ」

hiesho02

そんな下半身型冷え性に悩む人には、梨状筋をほぐす「梨状筋ストレッチ」がオススメ! 梨状筋とはお尻の奥にある筋肉(インナーマッスル)のことで、ここが凝り固まっていると下半身が冷えやすくなります。 ストレッチをしてほぐすことで、下半身の血流を促すことができるのです。


「梨状筋ストレッチ」のやり方

hiesho03


1.椅子に座ります。
2.左のひざを曲げて、右太ももの上に左足を乗せます。
3.左の膝の上に手を乗せて、下方向に強く押します。
※1回5秒×左右5回ずつ、お尻の筋肉を伸ばすイメージで行いましょう。


簡単ストレッチで冷えも脂肪も寄せ付けない!

下半身の冷え性対策というとレッグウォーマーなどを思い浮かべますが、お尻の筋肉が大事だったなんて意外ですよね。 梨状筋ストレッチはデスクワーク中にも簡単にできるので、こまめに実践して脚の冷えと下半身デブ化を防いでいきましょう!