shutterstock_796225147

これでカロリー減!”あと一口”食べたい衝動を抑えるダイエット術

食事を終えた後、「もうあと一口、何か食べたいな……」と思うことはありませんか?

でもその食べたい衝動を満たすためにご飯やデザートを食べてしまったら、摂取カロリーが増えてダイエットが進まなくなってしまうもの。

そこで今回は、ダイエット中の食べたい衝動を抑えるテクニックをご紹介します!

”あと一口”食べたい衝動を抑える3つの方法

キッチンから離れて他のことをする

stop01
出典:weheartit

「あと一口食べたい」という気分のとき、そのままキッチンにいると、冷蔵庫を開けて食べるものを探してしまいますよね。 なのでまずはキッチンから離れるのが鉄則。

キッチンから離れて読書をしたり、掃除をするなどして、他のことに熱中しちゃいましょう。 そうしているうちに食べたい衝動が収まってきて、余分なカロリーを摂らずに済みますよ。

ガムを噛む

stop02
出典:weheartit

食後に「もう少し何か食べたい」と思ってしまうのは、食事をよく噛んで食べていないのが原因かもしれません。 咀嚼回数が少ないと満腹中枢が刺激されるまでに時間がかかり、満足感が得られなくなってしまうんです。

でも大丈夫、そういうときはガムを食後に噛んでみて。

噛んでいるうちに満腹中枢が刺激され、「もうお腹いっぱい!」と思えますよ。 甘いシュガーレスガムなら低カロリーなのでダイエットにも最適です♪

どうしても何か欲しいならチーズを

stop03
出典:weheartit

「どうしても何か食べたい!」という衝動が抑えられないなら、チーズを一口食べてみて。 チーズには適量の脂質が含まれているため、ちょっとの量で高い満足感を得ることができるんです。

もちろん食べ過ぎはNGですが、6Pチーズ1個程度ならOK。 1個あたり約60キロカロリーなうえに低糖質だから、ダイエットに悪影響を与える心配もありません。

食べたい衝動をコントロールしましょ!

いかがでしたか? 「”あと一口”が止められたらスムーズに痩せられるのに…」と思っている方も多いはず。 そんな悩みを持っているなら、ぜひご紹介した方法を試してみてくださいね!