x

運動不要!“腹横筋”強化でお腹をキュッと引き締め♡

気になるお腹周り引き締めるには、“腹横筋”を働かせることが大切です。ここでは、簡単に腹横筋を強化する方法をご紹介していきます。

即効性アリ!早速トライしてみてください。
x
出典:weheartit

腹横筋って?

腹横筋はお腹の深いところにある筋肉、いわゆるインナーマッスルといわれる部分です。

腰回りを安定させるコルセットのような役割をしていて、ここがしっかりしている人は姿勢も良く、お腹がぽっこり出てしまうこともありません。腰痛予防にも有効です。

鍛えるには「呼吸」が大事!

上体を起き上がらせる腹筋運動では、お腹表面の筋肉は刺激されますが、残念ながら腹横筋は鍛えることはできません。

腹横筋を効果的に働かせるには、筋トレをするよりも「呼吸」で腹圧を高めるのが効果的なんです!

xx
出典:weheartit

方法は簡単。息を吐いてお腹をペタンコにするだけです。お腹の動きを感じるために、四つん這いで行っていきましょう。
  • 四つん這いになる。肩の真下に手首、腰の真下に膝がくるように。
  • 鼻から息を吸いながら、少し腰を反らせお腹を膨らませます。
  • 口から息を長く吐きながら、背中を少し丸めお腹を凹ませていきます。
  • 2~3を繰り返します。5~10回程度行いましょう。
息を吐くときは5~7秒かけて行ってみて。同時にお腹が固くなるのを感じてください。1日1回行うだけでOKです!

コルセットの役割をしている腹横筋を強化するとスタイルが激変!姿勢が良くなり、お腹周りが引き締まります。

激しい運動をする必要がないのが嬉しいですね。ぽっこりお腹にサヨナラしましょう。