shutterstock_535854949

本当は全然ヘルシーじゃない!?おでんに潜む危険性

ダイエット中だけど手作り料理はなかなかできない。そんなときにヘルシーなものの候補として思い浮かぶのが「 おでん」。しかし、そのおでんが実はヘルシーとは言い難いこと知っていますか?

おでんの汁が太りやすい!?

shutterstock_535854949

コンビニやスーパーで使われているおでんの汁にはたくさんの 調味料保存料が含まれています。その中で、ダイエット中に気をつけて頂きたい調味料が「砂糖 」です。

この砂糖は、白砂糖でGI値が高く血糖値も高くなります。また味付けのために多量に使われており、これが太りやすい原因となります。 白砂糖は依存性が高く、摂取すればするだけもっと甘いものを食べたいという欲求を刺激するものでもあります。

そのため、カロリーが低いおでんを食べても満腹中枢は満たされず、おやつを食べたくなったり他にも食べたいという気持ちになってしまうのです。ダイエットしている方は、おでんの汁は一切飲まずに具だけを食べましょう。

おでんは添加物の宝庫!?

shutterstock_109453922


健康やアレルギーに気をつけている方に特に注意していただきたいのは、コンビニなどで売られているおでんには基本的に保存料や着色料、酸化防止剤が入っているということ。

これをあらかじめ知っておくだけで選択肢が変わります。一部スーパーではオーガニックのものもあり、保存料や着色料が一切使われていないものも販売しております。どうしても作れないというときはオーガニックのおでんがオススメです!

ごく身近にありふれる食品の中にも、様々なものが含まれています。パッケージの原材料の表示を見るクセをつけて、健康美容に気をつけていくことも大切ですね。