6959466efc37cb0561f7dd47e1840e49_s

がっつり食べても太らない食生活のヒミツ

同じ内容の食事をしていても、体重を維持できることもあれば、太ってしまうこともあります。それは食事のとり方が大きく関係していると言われています。がっつり食べても太らない食生活のヒミツ、ご紹介します。


がっつり食べても太らない食生活のヒミツ

仕事が忙しいと、夕食はどうしても遅くなってしまいますよね。日常的にそれが続いてしまうと、肥満の原因になると言われています。

実際、忙しい現代人の夕食時間はだんだん遅くなる傾向にあって、近年では21時以降に食事をしている人が増えているそうです。それに伴って、肥満傾向の人口も増加してきていると言われます。


食べても太らないヒミツ

shutterstock_459228094

マウスを使った研究では、マウスに高脂肪食を与えても、特定の時間帯に決めて食べさせると肥満状態にならないことが分かったそうです。いつでも自由にエサを食べられるマウスと同じ量を食べていても、活動時間帯以外にエサを食べないマウスは太らないというのです。


夜食べると太るワケ

f50a5e4b886976cf29984c9c496aadeb_s

夜遅くに食べると太りやすいのは、脳や脂肪細胞に多く存在するBMAL1というタンパク質が関係しています。肥満遺伝子とも呼ばれるBMAL1は体内時計を調整するタンパク質で、脂肪細胞に蓄積しようという働きをします。BMAL1の活動は15時頃に最も鈍くなり、22時頃から急激に高まって、深夜2時~4時がピークとなります。活動が活発な時間帯に食べるほど、脂肪を吸収しやすく太ってしまうことになります。


太らないためには

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s

時間帯が重要
肥満を防ぐためには、食事時間が重要な意味を持ちます。食事はできれば19時、遅くとも20時までに終えると太る可能性はぐっと低くなります。というのも、食べたものが消化吸収されるのには最低2時間が必要で、BMAL1の活動が活発になる22時までに吸収を終えておく必要があるからです。

体内時計を狂わせない
食事時間を早く保っていても、不規則な生活を続けていると太りやすくなる人もいます。これは、BMAL1の増減を左右すると言われる太陽光を浴びることでコントロールすることができます。朝日を浴びると脳の時間がリセットされます。そのため、毎日同じ時間に朝日を浴びることが大切です。休日にいつもより遅く起きると体内時計が狂ってしまうため、いつもの時間に一度起きて朝日を浴び、その後寝直したり昼寝をするのがおすすめです。



いつもと変わらない食事をしているのに太り始めたら、食べる時間に気をつけてみましょう。仕事が忙しくて早い時間に食事を摂るのが難しい場合は、夜は軽めにして高カロリーなご馳走は昼間に食べるようにするといいですよ。どうせなら美味しく賢く食べて、体重をキープor減らしていきたいですね。