甘いもの3

甘いモノを食べ過ぎ!太る原因のNG習慣を脱出する6つの方法

NG習慣を見直して1200kcal以上を楽々カット

毎日暑い日が続いています。今年の夏もうんと暑くなりそうですね。夏になると、食欲は減退するのにアイスや冷たい飲み物には際限なく手を伸ばしてしまいたくなります。

特に暑い中を外に出ていたりすると、冷たいものはついつい摂り過ぎになっちゃいます。気がつくと夏の終わりに体重増加!? なんてことにもなりがちです。

そこでここでは、夏についやりがちなNG習慣をピックアップして、不健康な体重増加を予防したいと思います。それと同時に、毎日ちょっとの工夫で約1200kcalをカットして、手軽にダイエットする方法について、ご紹介したいと思います。

ぜひ、参考にしてくださいね。

◆◇◆働く女子~ある夏の日のNGな食生活~◆◇◆

起床~朝
目が覚めるように、甘めのアイスコーヒーを飲む。朝は時間がないので、朝ごはんは昨日買っておいたメロンパン。

~出社
コンビニでカフェオレを購入して出社。まずはメールチェックから仕事開始。

~お昼
コンビニの新作パスタ「ナスとベーコンのトマトパスタ」をチョイス。ポテトサラダを加えて、飲み物はカフェオレ。

~夕方
今日も忙しくて残業確定。
コンビニのドリップコーヒーとチョコレートで一息。

~夜
ようやく終業。
夏の新商品、マンゴーフラペチーノを飲みながら帰宅。夕飯はお弁当屋さんで買ったデミグラスハンバーグ。

~夕食後
冷蔵庫にストックしてあるお気に入りのアイスクリームを食べながらのんびり。それからカフェオレを飲みながら、ネットサーフィンをした後就寝。



甘いもの1出典:weheartit

○○NGポイント○○

1日4杯のコーヒーとカフェオレ

頻繁に飲んでいるわけではないのに、カウントすると1日4回。コーヒーに1杯に5g相当の砂糖を入れた場合20kcal×2=40kcal+ミルク分のカロリー。

コンビニで売られているカフェオレは100gあたり50kcal程度、300g×2本なら300kcal。コーヒー類だけで1日、350kcal超え。更に、冷たいものの飲み過ぎは身体を冷やし、血行を悪くして代謝を鈍らせてしまいます。

菓子パンの朝食

…朝ごはんやお昼ごはんにパンを食べる人は多いと思います。でも、女性が大好きなメロンパンやクロワッサンは通常450kcal超え。菓子パンは総じて高カロリー「絶対に食べたい!」という位でなければ控えましょう。クロワッサン2個ならそれだけで900kcalにも!

パスタ+ポテトサラダの昼食

女性の大好きなものを組み合わせたランチですが、実はこれ、カロリーの宝庫。パスタは軽そうに見えても意外と高カロリー。

麺だけでも400kcal程度、そこにソースを掛ければカロリー倍増です。「ナスとベーコンのトマトパスタ」も800kcal前後、ポテトサラダは1食分150kcal程度あります。ちょっとしたランチが950kcalにも。

フラペチーノ+アイスクリーム

フラペチーノは飲み物のふりをしたデザート。300kcal超えは当たり前です。ケーキやクッキーがトッピングされたリッチなものは400kcal超えも!アイスクリームは1日1個程度なら構いませんが、夜遅く食べるのはやはりNG。

人気のプレミアムアイスクリームは乳脂肪分が多く、200kcal超えと高カロリーです。ちょっとしたデザートだけで500kcal超え。

夜遅くのハンバーグ

残業して夜遅く帰宅したらさすがにお腹もペコペコです。夕食はしっかり食べたいところですが夜遅くのデミグラスハンバーグは、800~900kcalにもなるため、重たすぎるでしょう。

○○NG総計○○

1日のカロリー摂取量……3000kcal超え!!
成人女性の摂取カロリー目安1800kcalをナント1200kcalもオーバー!!

これでは、ダイエットどころかふくよかになる一方ですね……。

そんな「一見ちょっとオシャレ、実はスーパーハイカロリー」な食生活を見直して、ラクラクカロリー摂取ダウンする方法はコチラ。

◇◆◇摂り過ぎカロリーの簡単カット方法◇◆◇

1.飲み物は低カロリーメニューを厳選

息抜きのコーヒータイムにも、カロリーの魔の手が潜んでいます。だからと言って我慢はしなくて平気です。ただしセレクトするメニューを変えましょう。

クリームたっぷりのフラペチーノやアイスココア、手軽に買えるコンビニのカフェオレやパックのミルクティなどは我慢。かわりに、ミルクと砂糖控えめのコーヒーか紅茶(ストレートは0kcal)、カフェラテ(約100kcal)にチェンジしましょう。

フラペチーノ(約300kcal~)も、頻繁に飲むのは厳禁! 週に1度や2度と決めておきましょう。それと、コーヒーや紅茶のお砂糖も控えめに。2g程度(8kcal)でも十分甘さを感じられます。また、ミネラルウォーターにレモンを絞ったレモネードもオススメですよ。

2.パンは封印

どうしても食べたい時以外は、主食はご飯にしましょう。パスタはどうしても食べたければオイル系のパスタを。パンもどうしても、という時はベーグルか野菜サンドを選びましょう。

甘いもの2

3.野菜をメニューの中心に

朝や昼にサラダを、夜には温野菜を、など野菜料理をメニューの中心にしてしまいましょう。煮物などの料理でもOKです。偏りがちな栄養を補給し、低カロリーでお腹も満たせる野菜は、サラダだけでなく温野菜や惣菜にすることで、飽きずに美味しく食べることができます。

4.アイスクリームをシャーベット系にチェンジ

夜遅くはあまり口にしない方がいい冷たいデザート。食後や日中に食べるのならシャーベット系のアイスにチェンジしましょう。そうすれば、50kcal~100kcal程度に抑えられます。

甘いもの3

5夜遅くなる場合は軽めの夕食

疲れて帰った夜にしっかり食べたいのは当然です。でもがっつり食べてすぐに寝てしまうと、きちんと消化されず脂肪になりやすいので注意しましょう。夜遅くなった場合は、魚や鶏肉中心、ボイルした料理、豆腐や野菜などを摂ってカロリーを抑えつつお腹を満たしましょう。

甘いもの4

6.エレベーター&エスカレーターは使わない!

日中もちょっとした運動を心がけましょう。階段を使ったり、ひと駅歩いたりという些細な事でも毎日続ければ立派な運動です。15分のちょっとした運動で100kcal程度の消費ができます。しかも、カロリー消費だけでなく適度な運動にもなって一石二鳥ですね。

摂り過ぎカロリーを楽々カット&美容と健康に良い食生活へ

全部合わせると、メニューによって差はありますが、摂り過ぎていた1200kcal以上のカロリーを軽くカットすることが出来ましたね。やってみればさほど難しいことはないこの方法。

忙しくて手を抜きがち、好きなものばかりに偏りがちな食生活も、ちょっと気をつければ健康的で美容にも良い食生活に改善できるでしょう


さっそく明日からこれを参考に、実践してみてくださいね!