large-83

意外な新事実!「寝返り」が痩せ体質を作るって知ってた?

朝起きた時、腰痛があったり、身体がだる重く感じていませんか? そんな人は寝ている間の寝返りが上手にできていない可能性大。 実は寝返りがきちんとできていないと、太りやすい体質も招いてしまうんです。



まずは「寝返り」の効果をチェックしよう!

negaeri01
出典:radiomejor.mx

実は就寝中の寝返りには、以下のような健康効果&ダイエット効果があります。

・血液の循環を促して、疲労を軽くする
・重力を分散させて、腰痛などを予防する
・熱や湿気の偏りを防いで、睡眠の質を上げる
・骨盤の歪みを防いで、下半身太りを予防する
いかがですか?意外なほど身体に良い効果をもたらしていることが分かりますよね。 つまり寝返りを打つことで睡眠の質をアップさせて、”痩せる睡眠”にすることができるんです!

では、正しく寝返りをする方法もチェックしておきましょう!



寝返りを正しく打つ方法とは?

1.パジャマを着て寝る

negaeri02
出典:oliviaheadpieces.com

パジャマは寝る時のことを考えて作られた衣類なので、寝返りもスムーズに打てるようになります。 身体を圧迫するような窮屈な服や、表面がツルツルとした素材のジャージなどは寝返りしにくくなるので、できるだけ避けるようにしましょう。



2.寝具の硬さ・重さに注意する

negaeri03-1
出典:cielmin.wordpress.com

ベッドマットや敷布団が柔らかすぎたり硬すぎると、正しい寝返りが打てなくなります。 柔らかすぎる場合は硬めの敷パッドなどを、硬い場合は柔らかい毛布などを敷いて調節しましょう。

また、身体の上に乗せる掛け布団が重すぎる場合もNG。寒い季節は毛布などを乗せるために重くなりがちですが、できるだけ羽毛布団などの軽いタイプを利用するようにしましょう。



正しい寝返りで痩せ体質を手に入れよう!

large-83
出典:weheartit

いかがでしたか? 痩せやすい身体を作るためには、寝ている時の環境にも注意することが大切です。 寝返りしやすい状態に整えて、疲れや脂肪を溜めない身体を目指していきましょうね。