飢餓1

今すぐオフして!どんどん太る「飢餓スイッチ」が恐ろしい・・

飢餓スイッチ」という言葉を聞いたことはありますか?

誰もが備えているスイッチで、これがオンになると太りやすくなってしまうので注意が必要なんです。

まさにダイエットの敵!ここでは、飢餓スイッチについて詳しく解説していきます。

「飢餓スイッチ」とは?

十分な食料がなく食べられない状況になると、脳が身体にサインを送り、必要最低限の栄養で生きていける省エネモードに切り替えます

摂取したエネルギーは体脂肪として蓄え、出来るだけエネルギーを消費しないように代謝も低下させます。

飢餓1
出典:weheartit

これが、飢餓スイッチがオンになった状態です。

人間が生きていく上で大切な機能ですが、上手く付き合っていかないと太る原因になってしまいます!

食べる量を減らしたのに痩せないのはそのためかもしれません。

夕飯が遅くなる時は要注意!

飢餓2
出典:weheartit

仕事が忙しく、夕食が遅い時間になってしまうときは注意が必要です。

昼食から夕食までの間に時間が空きすぎることで、脳が栄養不足だと認識してしまうと飢餓スイッチが入ってしまいます。

その結果、脂肪を溜め込みやすい身体になってしまうことに。

「飢餓スイッチ」を入れないために

・間食を取り入れる

食事と食事の間が長く空くときには、間食をとりいれるのが正解です。

夕飯が遅くなりそうなら、午後4~5時頃に栄養補給をしましょう!

ナッツ類や低脂肪のヨーグルト、野菜たっぷりのスープなどがおすすめですが、難しければおにぎり1個でもかまいません。

血糖値の急上昇を抑え、遅い時間のドカ食い防止にも繋がりますよ。

・朝食を食べる

飢餓3
出典:weheartit

脳に栄養不足を感じさせないためには、1日3食摂るのが理想的です。

飢餓スイッチが入ってしまうと、だるい、眠い、頭が回らないといった悪影響もありますよ。

午前中はぼーっとしているという方は、朝食を食べるべき。

・誤った糖質制限をしない

糖分が足りないと脳は栄養不足だと勘違いしてしまいます!

流行りの糖質制限も、徹底して行わないとむしろ逆効果になることがあるので注意しましょう。

糖質が気になるようであれば、まずは夕飯時だけ抜くようにしてみて。


効率良く痩せるには「飢餓スイッチ」をオフにすることが大事なんですね♡

早速できることから、意識してみてください。

痩せやすく太りにくいボディを目指しましょう。