shutterstock_541208512(1)

高カロリーは太る?結局どっち?カロリーとダイエットの関係性

ダイエットをする上で必ずチェックするのがカロリーですよね。「高カロリー食べ物太るから食べない!」と決めている人も多いのでは?でも実は高カロリー=太るというのは間違った考え方だったんです!

そもそも「カロリー」って??

large (2)
出典:weheartit

カロリーには“摂取カロリー“と“消費カロリー“がありそのどちらもが人間の身体を動かすのに必要不可欠なエネルギーです。よく「摂取カロリーを減らせば体重は簡単に落ちる」と考える人もいますが実はそうではありません。

摂取カロリーが減ると身体を動かすエネルギーが少なくなってしまうので、必然的に消費カロリーも減ってしまい体重が減りづらくなってしまうのです。

さらに消費カロリーより摂取カロリーが少ない状態で運動をすると、身体は足りないエネルギーを筋肉から補おうとするためスタイルが悪くなる原因にもなります。

「カロリーを減らせば体重も落ちる」は間違った考え

shutterstock_541208512(1)

体重とは身体の重さを表したものです。例えば500kcalのケーキを食べた後と水1Lを飲んだ後に測った体重では水を飲んだ後の方が体重は重くなります。

つまりカロリーとは直接体重を増やすものではないのです。大事なのは消費し切れなかったカロリーは脂肪になってしまうという認識を忘れないことです。

上手にカロリーを消費するためには

shutterstock_181951742

摂取したカロリー分運動をすることが一番ですが食べ合わせでも上手にカロリーを消費することができます。カロリーの高い食べ物を摂る場合は必ず食物繊維も一緒に摂りましょう。

食物繊維は血糖値の上昇を抑えてカロリーが脂肪として蓄積するのを防いでくれます。食物繊維は野菜やフルーツに多く含まれます。
正しいダイエットというのは健康でメリハリのある身体を作ることです。そのためにはカロリーを減らすのでなくエネルギーとして上手に活用することが大切なのです。