publicdomainq-0002331smm

痩せるジョギング!効率よくダイエットするコツ♪

ダイエットや運動不足解消にジョギングを始めようかな、と思うことありませんか?どうせやるなら、出来るだけ効果的にジョギングしたいですよね。ジョギングでしっかり脂肪を燃焼させ、基礎代謝を上げ、痩せやすいスリムなスタイルになるためのコツ、まとめてみました。


痩せるジョギング!効率よくダイエットするコツ♪

手軽なジョギングのメリット

キツくない程度のジョギングは、脂肪を燃焼する効率が良いと言えます。さらに走ることでしっかり筋肉を使い、心肺機能を上げて基礎代謝をアップさせる効果もあります。ジムに行ったり習ったりする必要もないので、好きな時に好きな場所でやれるのも、始めやすいポイントです。


効率を上げるコツ

gahag-0003469202-1

アミノ酸を摂る
運動をする前にBCAAという必須アミノ酸を飲むと、脂肪燃焼を促進する効果があります。 BCCAは、アミノ酸ドリンクなどで摂ることができ、乳酸の発生を抑える効果もあるので、ジョギング前に飲んでおくと 脂肪が燃えやすく、疲れにくくなります。

準備運動
ジョギング前に筋肉をほぐしておくことで、より脂肪を燃やしやすくする効果が期待できます。ストレッチをしてからジョギングすると、筋肉も鍛えられ、より効率よく痩せやすい体作りをすることが出来ます。

起きてすぐ走る
寝起きは、脂肪が最も燃えやすいタイミングです。睡眠中に多くのエネルギーが消費されているので、運動すると早い段階から脂肪がエネルギーとして使われることになるためです。

食事前に走る
食べた物が消化されてしまっている空腹時は、脂肪がエネルギーとして使われやすいタイミングです。食事前に運動をすると、より効率よく脂肪を燃焼できることになります。

ということで、おすすめは朝食前のジョギング。少し早起きして朝食前にストレッチをしてアミノ酸飲料を飲んで走れば、効率よくダイエットして痩せやすい体作りが出来るという訳です。


効率よく続けるコツ

gahag-0044889449-1

20分から脂肪燃焼
走り始めて20分ほどすると、脂肪がどんどん燃焼され始めます。大事なのは走る距離ではなく時間、お喋りが出来るくらいのゆっくりペースで、30分以上走ると効果的です。

しっかり水分補給
ジョギングは、やりやすい気候の日や時間帯に行い、しっかり水分補給を行うようにしましょう。特に夏は、早朝や夜の時間帯に熱中症に注意して行い、不調を感じたらすぐに中止するようにしましょう。

機能的なウェア
ジョギング中に身に着けるものは、通気性や吸汗性の高いもの、速乾性のあるもの、紫外線カット素材のものなど、機能的で着やすいものを用意するといいでしょう。履きやすいシューズ、夏場は帽子も必須です。おしゃれなウェアを用意して、着るのが楽しくなるようにモチベーションを高めるのもいい方法です。

疲労を残さないストレッチ
走った後は、疲れを残さないようしっかりストレッチをしておきましょう。特に疲労しているふくらはぎと太ももの裏は、よく解しておくことが大事です。

1日おきor週に3~4回
ダイエットのためのジョギングは、毎日やらなくて大丈夫です。無理して毎日やっても筋肉疲労が溜まり、脂肪燃焼を妨げてしまう危険もあります。1日おき、週に3~4回くらいを目安に続けましょう。


ダイエットのためのジョギングは、すぐに効果が出るものではありません。1週間やって効果が無いからと止めてしまうのではなく、2~3ヶ月は続けるつもりで始めましょう。個人差はありますが、2ヶ月ほど経てばジョギングの効果が見えてきます。筋肉を鍛えて、代謝が上がるのにそれだけの時間が掛かるためですが、その分一時的な効果でなく「痩せやすい体作り」が出来るということです。

ダイエット以外にも、ストレス発散の効果、生活習慣病の予防、脳の活性化、新陳代謝アップによる美容効果など、様々なメリットのあるジョギング。気候のいい日や体調の良い疲れていない日を選び、やる気になれなかったらウォーキングでもいいので、長く続けてしっかり効果を出しましょう!