large-43

血液循環まで!?「マイナスイオン」と「デトックス」の濃すぎる関係!

そもそもイオンとは?

原子が電子を失い陽子のほうが多くなっていることを、電気的にプラスと言います。 反対に、原子が電子を獲得すると、電子の数が増えるため、マイナスに帯電します。

このプラスまたはマイナスに帯電した粒子のことを、イオンと呼びます。

人体内でも、カルシウムイオン(Ca++)、カリウムイオン(K+)、ナトリウムイオン(Na+)が、脳と神経をつなぐ電気信号の役目を果たすなど、私たちの身体は、さまざまなところでイオンを利用しています。

shutterstock_48736969

自然界のイオン

空気中のプラスイオンは身体に悪く、マイナスイオン身体に良い影響を与えます。

例えば、自然界では、雷雨のときに大量のイオンが発生します。

shutterstock_281493026

水分を含んだ雲が、空気の中を移動すると、水の分子と空気の間に摩擦が起こり、雲はマイナスに帯電します。そしてその雲の下には、プラスイオンが溜まり、そのプラスイオンは、雲の移動とともに風下に押し流されます。

一方、地表は地球の中心部で起こっている化学反応のために、マイナスに帯電しています。こうして、地のマイナスイオンは、雲下のプラスイオンをひきつけ、大気中にはプラスイオンが溜まることになります。

嵐が来る前に、何となく分かるあのムワっとした感じは、気のせいではないのですよ。 リウマチや通風、関節炎の患者さんになると、このときに実際に痛みを感じます。

large-43
出典:weheartit

英語圏では、こういった大気の状態を表現するときに「closed:閉じられた」という言葉を使いますが、 確かに、酸素量が減っているわけではないのに、篭もって息苦しい感じがしますね。

最終的に、地表のマイナスの電荷と雲下のプラスの電荷が互いに引き合い、この引力が空気の抵抗力を上回った瞬間に、イナズマが起こります。

その後、雷鳴が続き、後先して雨が降ってきますが、雷雨の嵐が去った後の空気は、さわやかで澄んでいますね。 これは、大気中のマイナスイオンが飽和状態になって、プラス・マイナスの電荷のバランスが戻ったためです。

shutterstock_156916472

デトックス効果を上げるマイナスイオン

人体の中で、赤血球と血管は、わずかながらマイナスに帯電していることが分かっています。

これって、実に合理的な仕組みで、同符号の電荷は互いに反発するために、赤血球は血管壁に付着することなく、 また赤血球どうしも付着しあうこともなく、狭い血管の中をスムーズに流れてゆくことができるのです。

ところが、プラスイオンを吸い込むと、それが肺を通って血管に入り、赤血球のマイナス電荷が減ることになります。そのため赤血球が血管壁に付着し、血液の循環が悪くなり、結果、デトックスには大敵 となります!!

反対に、空気中のマイナスイオンを吸い込むと、血液の循環は良くなります。さわやかな気分と共に、血行も良くなり血が綺麗になる気がするのは、本当なのです。

ion3-320x238
出典:weheartit

まとめ

デトックス効果を最大限に引き上げる、マイナスイオン。暮らしの中にマイナスイオン発生装置を取り入れることから始めてはいかがですか?

shutterstock_311002130