large-53

温めがポイント!「ホットヨーグルト」で便秘解消&ダイエット♪

便秘はダイエットの大敵。

large-50
出典:we heart it

便秘は血行不良や下腹をぽっこりさせたり、ダイエットの大敵。ダイエットを効率よくスムーズに行うためには、毎日のお通じを快適に行うことが大切です。

便秘解消といえば、イメージするのはヨーグルト。最近はヨーグルトを温めて食べるヨーグルトダイエットが人気なんです。


ホットヨーグルトダイエットが人気!

large-51
出典:we heart it

ホットヨーグルトダイエットは、文字通り温かいヨーグルトを食べて、便秘解消を狙うダイエット方法です。
朝食や、夕飯のかわりに摂取することで、摂取カロリーを減らすことも期待できます。

朝食をホットヨーグルトにして代謝アップ

large-52
出典:we heart it

朝食にホットヨーグルトを摂取すると、胃腸が温められて栄養の吸収がアップするといわれています。

冷たいヨーグルトを、朝起きたばかりの胃に入れるよりも、温かいヨーグルトで熱を与える方が胃腸が働きやすくなるのです。

夕飯置き換えでカロリーカット

large-53
出典:we heart it

ヨーグルトを食べる時間帯は自由ですが、より効果的なのは夜といわれています。
夕飯のカロリーを手軽にカットできますし、ヨーグルトに含まれるカルシウムの吸収が睡眠中に活発に行われるからです。

ホットヨーグルトの効果は?

ホットヨーグルトは、便秘解消と脂肪吸収を抑える効果が期待できます。

乳酸菌パワーでおなかスッキリ♪

large-54
出典:we heart it

胃腸を温めることで、腸内に乳酸菌を取り込みやすくして、善玉菌が増加するようにサポート。
善玉菌が増加すると、悪玉菌が減少して腸内環境が整えられるのです。

カルシウムが脂肪をブロック

large-3
出典:we heart it

ヨーグルトにはカルシウムが含まれますが、夜にホットヨーグルトを摂取することで、睡眠時のカルシウムの吸収が促進されます。
カルシウムは、脂肪分の吸収を抑える効果があり、無駄な脂肪を体に溜め込むのを防いでくれるのです。

アレンジ色々。ホットヨーグルトレシピ

large-56
出典:we heart it

作る時は、温めすぎに注意しましょう。乳酸菌は高熱に弱いので、人肌程度がベストです。

レンジで加熱する時は、少しずつ温めて熱さを調整しましょう。目安としては、600Wのレンジで合計1分程度。量は、プレーンヨーグルトを一日に120gを目安に摂取します。

耐熱容器にヨーグルトと水大さじ1を加えて、レンジでチン。水を加えるのはヨーグルトの分離を防ぐためです。

large-55
出典:we heart it

毎日同じ味では飽きるので、トッピングをして味に変化をつけてもOKです。
オススメは、食物繊維豊富なきなこやココアパウダー。優しい甘みが加わり、ヨーグルトの酸味が抑えられて食べやすくなります。

寒い冬も食べやすい♪ホットヨーグルトでおなかスッキリ!

ホットヨーグルトなら、寒い冬でも体を冷やさず食べやすくなります。便秘解消効果もアップ、メリットたくさん。 ホットヨーグルトで便秘体質を無理なく改善していきましょう。