shutterstock_282699671

ハイヒールでヒップが垂れる……普段の習慣でスタイルが激変!

たとえ太らなくても、年齢や生活習慣で変わるボディライン。
ふと鏡に写ったヒップを見たら、形がちょっと……なんてこと、ありがちです。

今回は、何気ない普段の習慣で垂れやすく、一度垂れるとなかなか戻しにくいヒップ周り、その形を崩すNG習慣をまとめてご紹介します。

ハイヒールでヒップが垂れる……普段の習慣でスタイルが激変!

太っていないのに下着から肉がはみ出ていたり、足の付根がハッキリしなかったりしたら、それはヒップが垂れている証拠。
今すぐ普段の習慣を見直して、NG習慣を排除する必要があります!

垂れヒップを作るNG習慣

NG …… ヒールの高い靴
ハイヒールを履いて歩くと、太ももの筋肉を使ってヒップの筋肉を使わないため、使われないヒップの筋肉が衰えて垂れやすくなります。

NG …… 背もたれに寄りかかって浅く座る
骨格が元々骨盤が後傾している日本人。
浅く座って沈み込むように背もたれに寄りかかる姿勢は、骨盤を更に後傾させてヒップ周りの筋肉を衰えさせてしまいます。

NG …… 脚を組む
股関節が広がったり骨盤が歪んだりするため、ヒップに脂肪がついたり垂れたりして形が悪くなってしまいます。
同じ理由であぐらをかくのもNGです。

NG …… ヒップを揺らせる
歩いたり運動したりする時にヒップを揺らすと、だんだん垂れてきてしまいます。
歩く時は膝をしっかり伸ばし、ヒップの筋肉を意識しながら大股で歩くと◎。
それでも揺れが気になる場合は、ガードルなどで固定しましょう。

shutterstock_277830521

ヒップを引き締める簡単エクササイズ

ヒップは筋肉を意識してキュッと力を入れるだけでも、引き締めが可能。
毎日簡単なエクササイズを続ければ、衰えたヒップ周りの筋肉を鍛え、形を整えることもできます。

エクササイズ①
1. 四つん這いになり、片足をまっすぐ後ろに伸ばす。
2. 腰の高さまで上げたら、そのまま3秒キープ。
3. 左右交互に数回ずつ繰り返す。

エクササイズ②
1. 横向きに寝て、上側の足をまっすぐ上げる。
2. 数回繰り返したら、反対も同様に行う。

エクササイズ③
1. うつ伏せになり、ヒジを曲げて両手をあごの下におく。
2. 両脚は大きく開き、足の甲が床につくようにして伸ばす。
3. 片足を付け根からゆっくりと持ち上げ、ギリギリまで上げたら30秒キープ。
4. 元に戻り、反対側も同様に行う。
5. 左右の脚で交互に30秒を2回ずつやる。

shutterstock_282699671


ヒップの形が悪いと、何を着てもラインがキレイに見えません。
特にショートパンツや水着を着る時は、かなり気になりますよね。

普段の習慣に気を付け、簡単エクササイズを日課にして、キュッと閉まったキュートなヒップラインを手に入れましょう♪