large

【林修の今でしょ講座】大反響!1分間の正しい座り方で腹筋約15回分!?

2017年10月31日(火)に放送された「林修の今でしょ!講座」によれば、正しい姿勢1分間座るだけで、腹筋約15回分の効果があるそうです。

姿勢は、筋肉貯金をする上でとても重要とのこと。

そこで、腹筋約15回分の効果をもたらす正しい姿勢とはどのようなものなのかを解説していきます。

悪い姿勢とは?

林修の今でしょ!講座

番組内で紹介された「筋肉貯金が減る座り方」ワースト3は以下の通り。

①背もたれに寄りかかり頭を前に出す
首、肩、腰を痛めるだけでなく、膝にまで負担をかけてしまう

②背もたれに寄りかかる
背骨に負担がかかり、腰痛の原因になる

③頭を肩より前に出して座る
首と背中に負担がかかり、肩こりやヘルニアを引き起こす

20代から70代の男女50人を対象に番組が行った調査によると、姿勢を意識していない人は、これらのいずれかに該当しているとのこと。
よくやりがちな座り方が、腰痛や肩こり、首の痛みの原因になっているそうです。

正しい姿勢とは?

林修の今でしょ!講座

座骨の上に均等に体重を乗せ、真ん中に頭の中心が来るように座るというのが、正しい座り方。
耳、肩、お腹、座骨が一直線上になるようにするのがポイントだそうです。

鼻から息を吸って一番肺に空気が入る姿勢を心掛けて

林修の今でしょ!講座
出典:weheartit

悪い姿勢では肺やお腹が広がりにくいため、体内に少量の空気しか取り入れられないとのこと。しかし、正しい姿勢であれば肺やお腹の可動域が広がり、空気を多く取り込めるそうです。

体内に多く取り入れられた酸素は副交感神経を優位にさせ、リラックス効果も高めてくれます。
正しい姿勢は、意識をするだけすぐに変化が期待できます。
心当たりがある方は、早速試してみませんか。