Glass with Soy Milk and Seeds on wooden background

ダイエットはドリンクがカギ!減量を成功させる5つのドリンク

ダイエット中でもついうっかりやってしまいがちなのが、ドリンクでカロリーを摂取してしまうこと。
食べるもののカロリーには気をつけていても、ドリンクのカロリーを見落としてしまうことって、結構少なくないと思います。

ペットボトルの裏のカロリー表示を見て安心して飲んでいたら、実は100mlあたりのカロリーだった……なんてことも。
積み重なるとダイエットの大きな妨げになりかねない高カロリードリンク。

そこで今回は、逆にダイエットをサポートしてくれる、痩せやすいドリンクについてご説明します。

Thoughtful woman drinking coffee

ダイエットはドリンクがカギ!減量を成功させる5つのドリンク

ダイエット中に飲んで良いドリンクは、0カロリーまたは低カロリーのもの。
そして冷たくないもの。

冷たいドリンクを飲むと体の中が冷えてしまい、代謝が下がって脂肪が燃焼されにくくなってしまう危険があります。
夏場でも、できるだけ常温やホットで飲むようにしましょう。

白湯
0カロリーで体を温めてくれる白湯は、代謝を良くして体を脂肪の燃焼しやすい状態にしてくれます。
体が温まって内臓の温度が上がると、1℃につき基礎代謝が10%以上も上がるとされているんです。
白湯にはデトックス効果もあるので、ダイエットにも美容にも効果が期待できます。

飲み方としては、一度沸騰させたお湯を適温に冷まし、1日1リットルを目安に、朝起きてすぐと食事時に1杯ずつ、ゆっくり飲むのがオススメです。

iStock_000007602176_Small

炭酸水
砂糖の入っていないただの炭酸水は、やはり0カロリー。
炭酸が胃の中で膨らむので、食欲を抑制して食べ過ぎを予防します。

こちらもできれば常温のものがオススメ。
食事前にコップ1杯半~2杯ほど飲むと満腹になりやすく、食事を控えめで終わらせることができます。

Closeup of drink with citrus fruit and ice

お茶
お茶類は、1杯10kcal未満の超低カロリードリンク。
しかも、お茶に含まれるカテキンなどのポリフェノールや食物繊維、サポニンが脂肪の吸収を抑え、胃を膨らませて食欲を抑えるのでダイエットにピッタリ。
他にもお茶の種類によっては、余分な水分を排出してむくみを軽減させる働きも期待できます。

食べ過ぎを抑えるなら、食前や食事時に緑茶、ウーロン茶、ジャスミン茶、ゴボウ茶。
むくみ軽減には、好きな時にルイボスティーや麦茶を飲むのがオススメです。

iStock_000049743678_Small

コーヒー
コーヒーも、ブラックで飲むならダイエットにピッタリ。
カフェイン・クロロゲンが脂肪の分解や燃焼を促し、痩せやすく太りにくい体作りをサポートしてくれます。

カフェインの過剰摂取は体に悪影響を与えることもあるため、1日3~4杯までが適量。
オススメは、食後や運動前にタイミングで飲むこと。
消化がよくなったり、脂肪の燃焼がより良くなったりする効果が期待できます。

iStock_000017583538_Small

豆乳
豆乳は、200mlで100kcal程度と少々カロリー高め。
その分栄養豊富で、大豆サポニンやイソフラボンは代謝を上げて脂肪燃焼を良くしてくれるのに役立ちます。

大豆サポニンは、満腹中枢を刺激して満腹感を与え食欲を抑えてくれるので、食事前に飲むと食事量を抑えることができます。
豆乳に野菜や果物を混ぜてスムージーを作り、朝食やダイエット中の夕食代わりにするのもオススメです。

Glass with Soy Milk


ダイエット中でもあまり気にしない人も多いですが、実は結構大きなウェイトを持つドリンク。
せっかくの食事制限を、ついうっかり高カロリードリンクで無駄にしないよう、ダイエットをサポートしてくれるオススメドリンクを上手に取り入れてくださいね!