Two women of different body shapes standing together back to back while isolated on white

痩せの大食いになる?!腸内菌を味方につけて楽々健康的にダイエット♡

女性の永遠のテーマである『ダイエット』。
食事制限をして頑張っているのになかなか痩せないという人もいれば、大食いにも関わらず痩せている、いわゆる「痩せの大食い」という人もいます。これは単なる体質の違いなのでしょうか?実は最新のダイエット研究で、これらの差は腸内環境だということが明らかになっています。

痩せ菌とデブ菌がダイエットの行方を左右する

痩せ菌とは、その名の通り痩せる体質の人が共通して持っている腸内菌のこと。反対にデブ菌は、太りやすい体質の人に多く存在する菌です。

ダイエットでは、痩せたければ食べる量(摂取カロリー)を減らし、運動(消費カロリー)を増やさなければいけないことはみなさんもご存知の通り。しかし、痩せ菌を持っている人は、同じ食事量を摂っていても、カロリー吸収が少なく、代謝もよいことが科学的に明らかになりました。

Just happy being themselves!

痩せ菌の2つのダイエット効果

痩せ菌を持っていると、大腸に移動した便の残りから吸収されるカロリーの量が減ります。便秘は太る原因だと言われていますが、これは事実で、停滞した便からもカロリー吸収がされており、余分なカロリー摂取をしています。また、痩せ菌は体の代謝に直接影響して、体脂肪を減少させる効果があると科学的に証明されています。

痩せ菌を増やす方法

痩せ菌とは、善玉菌と言われているビフィズス菌や乳酸菌のことです。これらを増やすには、やはり腸の環境を整えてあげることが大前提です。その他、高脂肪食品を避けること、ストレスを避けることが有効。これらの方法で、痩せ菌にとって最適な環境をつくってあげましょう。

また、痩せ菌を増やす手っ取り早い方法が、オリゴ糖と食物繊維を摂取することです。オリゴ糖や食物繊維はビフィズス菌などの痩せ菌のエサになります。オリゴ糖は、胃や腸で消化されずに大腸まで届き、善玉菌の栄養源となってくれる成分です。これらを豊富に含む食材は以下の通りです。

【オリゴ糖を多く含む美容食材】
・タマネギ
・ゴボウ
・アスパラガス
・大豆などの豆類 ・バナナ
・牛乳などの乳製品
・ハチミツ
iStock_000004602655_Small

また、食物繊維は海藻、キノコ類にも含まれており、腸の停滞した便の排出を助けると同時に悪玉菌も排出するので、さらに痩せ菌を効率よく増やすことができます。反対に高脂肪食品は痩せ菌(ビフィズス菌や乳酸菌)が減る原因となります。ストレスも便秘を招くので、ダイエットにはよくありません。

最後に

腸内環境がダイエット、美容、健康に密接に関係していることが、科学的に証明されて、腸内菌はますます注目されています。上手に痩せ菌を増やし健康的なダイエットを成功させましょう。