large

痩せないのには理由があった!腸内のデブ菌を減らす方法

ダイエットしてもなかなか痩せないのに、普通に食べても太ってしまう。そんな方は、腸内環境が原因かもしれません。


腸の中にデブ菌が増えてしまうと、太りやすく痩せにくい体質になってしまいますよ!

今回は、痩せやすい体を作るために、腸内環境を整えてデブ菌減らす方法をご紹介します。



出典:weheartit

デブ菌とは?

デブ菌とは、その名の通りデブの元になってしまう細菌のことを指します。


デブ菌は体内の悪玉菌の仲間で腸の中で有害物質を作り出す作用があります。

デブ菌の正式名称は「ファーミキューテス」という名前で消化されたものを体内に吸収しやすくさせてしまう作用を持っています。


このため、体にデブ菌が増えてしまうと食事によって体内に取り入れられたものがどんどん吸収され脂肪に変わり、太りやすい体質を作ってしまうのです。



出典:weheartit

腸内のデブ菌を減らして痩せやすい体になろう

そんなデブ菌を腸内に増やさないためには、腸内環境をしっかり整える必要があります。

腸内環境を整える一番気軽な方法は、毎日ヨーグルトを食べて、腸内に善玉菌を増やし、悪玉菌の一種であるデブ菌を減らしていくという方法です。


特に、夜寝る1時間前にヨーグルトを食べると、腸の活動が活発になっている時間帯に善玉菌をサポートする乳酸菌がお腹にの中に入って、腸の活動を助けてくれます。

結果として腸の中に善玉菌が増えて、デブ菌が増えるのを防いでくれますよ。


shutterstock_292431014

普段からダイエットをしているのになかなか痩せないという方は、腸内のデブ菌を撃退するために、まずは毎日の夜ヨーグルト週間を始めてみましょう。