gahag-0087538839-1

パン好き女子に朗報!ダイエット中も食べてOKな方法とは?

ダイエットをするならパンはNG、というのはよく耳にしますよね。

炭水化物の中でも、パンはGI値が高くて太りやすいため、ダイエット中には避けるべきだといわれているんです。フワフワしているのであっという間に食べ終わってしまって満腹感が低く、消化がいいので腹持ちが悪く、その割に高カロリーです。パンは食べやすいのでついつい食べ過ぎて、でもまたお腹が空いて……とダイエットの邪魔をしてしまう食品なんです。

でも、パン好き女子にとっては、ダイエット中ずっとパンを我慢するのはなかなかキツいですよね。食べたいものを我慢しすぎてストレスがたまったりリバウンドしたりしたら、ダイエットも上手くいきません。

そこで今回は、ダイエット中でも食べていいパンオススメの食べ方をまとめてみました。

パン好き女子に朗報!ダイエット中も食べてOKな方法とは?

パンにはバターや砂糖などが使われているため、脂質も糖分もたっぷり。そのため、お腹いっぱいになるまでパンを食べてしまうと、どうしてもカロリーオーバーになりがちです。
そこでオススメなのが、こんな食べ方です。

ライ麦パンや雑穀パン、全粒粉パンがオススメ

089c9fbfa3a600770f3bb0c69865a394_s

小麦から作るパンは、血糖値を急上昇させてしまうGI値の高い食品です。そのため小麦メインではない、ライ麦パンや全粒粉パン、雑穀パンなどの白くないパンの方がオススメです。それらのパンの方が太りにくく、腹持ちも良いのです。食事の主食をパンで摂りたい時は、こういった種類の食事パンを選んでおかずや野菜、スープと合わせれば、太りにくい食事になります。

フランスパンやベーグルもOK

gahag-0087538839-1

いろいろな食べ方ができるフランスパンは、パン屋には必ず置いてある代表的な食事パンですよね。フランスパンは小麦粉、塩、水、イーストのみで作られていてバターや砂糖は使われていないため、比較的低カロリーです。

しかも外側が固いのでたくさん噛んで食べる必要があり、満腹感を得やすいのもポイントです。フランスパンにはバゲットやバタールなどたくさんの種類がありますが、どれでもOKです。やわらかいものよりパリッと焼き上げた香ばしい硬いものを選びましょう。

また、同じくバターを使わずどっしりモチモチとした食べごたえでお腹にたまりやすいベーグルも、ダイエット中に食べていいパンの一つです。途中で茹でる過程があり他のパンとは違う食感なので、好きな人も多いですよね。

甘いパンはNG、あんぱんはOK

publicdomainq-0005587okt

メロンパンにクリームパンなど甘いパンはケーキ以上に高カロリー、小さめの1つでもダイエット中の1食分をオーバーする高カロリー食品だと覚えておきましょう。女性に大人気のクロワッサンも、バターが大量に使われているので想像以上に高カロリー、気軽に手を伸ばしてしまわないよう注意しましょう。

どうしても甘いパンが食べたい時は、あんぱんならOK。しっかり甘くて甘いもの欲もお腹も満足しやすく、カロリーも300kcal程度と比較的低カロリーです。

また、ハチミツ漬けのクルミの入ったパンも食べて大丈夫です。クルミはたんぱく質や食物繊維が豊富でα-リノレン酸も多く含まれ、糖質は少ないためヘルシーでダイエット中にもオススメの食品です。ハチミツも砂糖を摂るよりヘルシーなので、たくさん食べ過ぎなければOKです。

おかずや野菜、スープと一緒に

gahag-0023877532-1

手軽で美味しいからとパンだけで食事をすませてしまうと、お腹いっぱいになりにくく栄養も偏ってしまいます。野菜たっぷりのスープや温野菜、または野菜やアボカド、エビや卵を挟んだサンドイッチにして食べるのがオススメです。

野菜やスープを食べることでパンの量は少なくても満腹感を得やすく、また食物繊維が豊富なので脂質の体内吸収を抑える働きにも期待ができますよ。




ダイエット中はNGといわれるパンも、食べ方次第でダイエットを妨げずに楽しむことができます。パン好き女子はぜひ、参考にしてみてくださいね!