shutterstock_78370129

食べても、運動嫌いでもOK♪ただ○○するだけの簡単ダイエット

「簡単に生活に取り入れられる♪」と話題の「8時間ダイエット」をご存知ですか?一日のうち、8時間は好きなものを好きなだけ食べて、残り16時間が飲み物以外を口にしないというルールのダイエット方法。要は、16時間何も食べない間に脂肪を燃やすということだそうです。

また、毎日する必要なはく週3日でも効果が出るということから、簡単に効果が出やすいと話題です。今回は実践した人の声をもとに、メリット・デメリットを分析しました。

 

 

誰でも簡単!8時間ダイエットのメリット&デメリット

shutterstock_229528432

 

メリット

① 食事制限がないのでとにかくストレスフリー

② 12時〜20時の間で実践して2週間で2キロ減

③ 夕食後食べないようにすれば、夜食の牽制にもなるので有効なダイエット法

④ 早寝の習慣が身に付く

⑤ 一日三食しっかり食べるよりも、絶食時間があるほうが健康に

 

 

デメリットと改善策

① 8時間食べ続けて太った

 (→積極的に取ると良いパワーフードがあるそうです。)

② 16時間は食べられないので付き合いが悪くなる

 (→毎日続けられなくても効果は期待できるそうです。)

③ 1食抜く事になるのでおなかすくのがつらい

 (→おなかがぐうぐう鳴りやすい人には悩ましいですね。)

④ 慣れないうちに無理をすると目眩や立ちくらみが

 (→最初は週3日程度から初めて、生活のペースを作ってみては?)

 

(参考:http://2chbizin.com/archives/8373502.html

 

 

いかがでしたか?メリットがあれば、もちろんデメリットもありますが、他に流行したダイエットよりも評価する声が多かったような印象を持ちました。

しかし、ひとつ注意すべきことがあります。この8時間ダイエット、8時間は好きなだけ食べても飲んでも良いといってもたくさん溜め込むように食べてしまうと体重も落ちにくくなってしまいます。さらに、22時から朝までは脂肪を溜める活動が活発になるので、22時以降の食事は避けた方が良いでしょう。

 

 

「時間を守る」という意識から、8時間と設定された食事時間が一日のリズムを整える働きもするため、ダイエット中の人だけでなく、生活の不規則な人の改善にも役立ちそうですね。自分に合った食事や軽い運動(ストレッチや筋トレ)なども取り入れながら実践すると良い結果を期待できるかも。明日にでも取り入れたいストレスフリーダイエットです!