shutterstock_511842424(1)

新発想!水を飲むだけのインフルエンザ予防法!?

インフルエンザが猛威を振るっている今日この頃。予防接種をしても発症するケースがあるそうで、気が気ではないですよね。

今回は、を飲むだけのインフルエンザ予防法をご紹介します。うがいより効果があるだけでなく、手軽にできますよ。
かぜ予防にも効果が期待できますので、ぜひ参考にしてみてください。

インフルエンザになるメカニズム

CBAV1C95EO

インフルエンザは「かぜ症候群」の一種です。かぜは、鼻、喉から気管支、肺にまで起こる急性炎症の総称になります。

かぜの原因は80~90%がウイルスと言われており、乾燥などによって抵抗力が弱まった粘膜から侵入し、発熱や頭痛、くしゃみ・鼻水などの症状を引き起こします。

水を飲むだけのインフルエンザ予防法

NJRGIZAC8M

「ウイルスの侵入を防ぐために粘膜の乾燥を防ぐ」というのが、水を飲むだけのインフルエンザ予防法です。

やり方は、1時間に1回、約コップ1杯分の水を飲むだけでOK!水分によって潤い状態を維持することで、喉粘膜の抵抗力をアップさせます。

この方法なら、万が一喉に付着してしまったウイルスがいても、粘膜から侵入する前に水とともに胃に流すことができるので安心です。

水以外、お茶やコーヒーで置き換えてもOK!

R4BNKYKQCA

寒い中、冷たい水を飲むのが難しい方は、お茶やコーヒーで代用しても大丈夫です。なかでも、緑茶に含まれるカテキンは抗菌作用に優れているため、おすすめです。

健康でいられるって幸せ♡

インフルエンザに感染するなど、実際に病気になると、健康のありがたみが身に沁みます。

発症してからでは治すのは大変ですが、事前に予防ができれば、心にもからだにも負担が少ないですよ。
ぜひ、水を飲むだけのインフルエンザ予防法を試してみてくださいね。