shutterstock_331565579

豆乳は◯◯で飲むべし!一発でトラブル回避の豆乳生活

「健康に良い、ダイエットに良い、バストアップ効果がある」プラスのイメージが強い豆乳ですが、やっぱりその力は本物でした!豆乳には様々な病気の予防効果があるのです。

現代社会を反映するこんな病気を回避

shutterstock_234033241

莫大な量の情報にあふれ、人付き合いも複雑な現代社会に生きる私たち。ビタミンB1が減るとイライラしやすくなって、鬱病につながってしまうこともあります。ビタミンB1を多く含む豆乳は、鬱症状の緩和に効果的です。また、豆乳に含まれるレシチンは悪玉コレステロールを減らし、血液をさらさらにしてくれるため、生活習慣病予防に効果があります。さらに、レシチンが脳を活性化し、ビタミンB群が脳のエネルギーとなって機能の維持を助けます。この働きにより認知症予防も期待できるのです。

あのモヤモヤを解決!

食物繊維が多く、オリゴ糖、善玉菌を増やすため便秘の改善に働きかけます。さらに、つらい生理痛にも効果的です。生理痛はエストロゲンという女性ホルモンの低下により起こります。つまり、女性ホルモンの上昇により生理痛は緩和されるのです。豆乳に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似ているため効果があるといわれています。ただし、過剰摂取は症状を悪化させることもあるので注意してください。

豆乳は◯◯で飲むべし!

shutterstock_331565579

朝に飲むべし!

排便を促し集中力を高めるため、気持ち良く1日のスタートを切れます。

空腹時に飲むべし!

栄養を吸収しやすく、また豆乳を飲むことで血糖値上昇が緩やかになるので、食前に飲むのがベストです。

温めて飲むべし!

温めることで栄養の吸収がより良くなるといわれています。豆乳の成分は熱に強いので、熱することで栄養が壊れてしまう心配もありません。

様々な健康トラブルを回避してくれる可能性を秘めた豆乳。現代社会に生きる我々の強い味方です。上手につきあって体も心も元気になりましょう!