smehara3

春こそ油断禁物!臭いがちなあのパーツ。原因と予防策

臭いに気をつかうのは夏だと思いがちですが、実は暖かくなってくる春が要注意なんです。
意外に思うかもしれませんが、春は急に暖かくなったり、寒くなったり、気温がまだまだ不安定なので、 気がつかないうちに汗をかいてしまっています。

ここではよく臭いがちなパーツの原因予防対策を紹介します。

1.頭皮や髪の毛が生臭い

smehara1
出典:weheartit

多くの人は、冬は寒いので風邪をひかないように髪を洗ったあとはしっかり乾かして寝ますが、 陽気が暖かくなってくると、半乾きの状態やタオルを巻いたまま寝てしまう人もいます。

臭いは気温が低いときは気になりません。しかし、日中気温が上がってじんわり汗ばんでくると半乾きの髪の影響で頭皮や髪の毛が臭ってくるのです。

暖かくなってきたからと油断しないで髪をしっかり乾かしてから寝ましょう。

2.足元がおじさん臭い

smehara2
出典:weheartit

大抵の場合は靴に原因があります。特に、洗えない素材の靴の内側の汚れや足汗が臭ってきます。靴そのものを天日干しなり、陰干しをしてしっかり乾燥させることで改善が期待できます。

また、ナイロン系のソックスも臭いがこもりがちになります。

長時間靴を履いたままにして足元が蒸れないように、時々靴を脱いでみたりしてみましょう。

3.脇、脚の付け根、耳の裏が生臭い

smehara3
出典:weheartit

暖かくなってくるとシャワーだけで軽く済ませる人も多いでしょう。しかし、短時間のシャワーだけでは臭いが取れないケースが多いです。

温かいお風呂に浸かるのも臭いケアにつながります。身体をしっかり温めてから臭いの元となりやすい場所をしっかり洗いましょう。


自分の臭いは意外とわかりにくいものです。気になる人は勇気を出して周りの人に臭っていないか確認してみるのも良いですよ。