4104773_1_d_500

まだスポンジで体洗ってるの?ボディタオルは絶対シルクが良い理由

ボディスポンジ・タオルにこだわってる?

肌見せの機会の多いこの季節、ボディのお手入れに力を入れている方は多いと思います。その時はもちろん体を洗うと思いますが、その際何を使って洗っていますか?恐らくスポンジや合成繊維で出来たボディタオルを使っている方が多いのではないでしょうか。あまり拘らずに選んでいるかもしれませんね。でもどうせならそこにもこだわって欲しい!何故なら石鹸も使わずに使うだけでボディケアが出来てしまうボディタオル があるからなんです。



7fb0252d6c12bbccb6bd69ab6a187a5c_s

シルクタオルがボディケアに良い理由!

石鹸も使わずにボディケア出来ちゃうボディタオル、それがシルクで出来たボディタオルなんです。シルクは化粧品にも配合されることが多く、リネン類にも多く使われ肌に優しいことで有名ですよね。その理由はシルクに含まれる「セリシン」。



ddde12c0d8c4c19b970b10c26e37b96f

シルクに含まれる「セリシン」の美容効果

保湿効果

セリシンは繭から抽出することが出来る天然のタンパク質で、コラーゲンの水分保持能力よりも高いと言われるほど保湿能力にすぐれている成分なんです。しかも人間の肌の天然保湿成分と良く似ているため、肌への馴染みがとても良いのです。

抗酸化作用

シワやシミなどの原因は紫外線やストレスなどによる活性酸素のしわざ。セリシンにはこの活性酸素と闘う抗酸化作用を持っています。シミ対策化粧品などにも使われ、抗酸化作用がある成分としてはビタミンCが有名ですが、セリシンは同じレベルの抗酸化作用を持っていると言われています。しかも、ビタミンCの持つような刺激性が無いため、敏感肌でも安心して仕様が可能です。

紫外線吸収機能

そもそも繭は中の蚕の幼虫を守るために作られています。そのためもあり、セリシンには強い日差しや紫外線を吸収、そして中に浸透しない役割を持っています。ボディタオルにはあまり関係がありませんが、化粧品や衣類でこの効果を得たいところですね。



保湿しながら角質ケア出来ちゃう!

上に書いたようにシルクには優れた美容効果があることがお分かりいただけたと思います。さらにボディタオルにオススメの理由は、シルクの繊維が独特な断面になっているため、毛穴の汚れや肌の不要な角質を絡めとり易くツルツルの肌にしてくれるからなんです!つまりシルクタオルで毎日体を洗えば、毎日自然と角質ケア&保湿ケアが出来てしまうというわけ!保湿効果があり肌にも優しい素材なのでボディにはもちろん、顔にも使うことが出来るのも嬉しいポイント。



4104773_1_d_500
(出典:zozo

コレを知ったらボディタオルはシルク素材のものを!って思いませんか!?石鹸を使う場合はスポンジ等に比べると泡立ちが悪いのですが、石鹸を使わなくても汚れを落とす力があるので心配ご無用!全身のボディケアに是非シルクタオルを使ってみてください。