oral00

年齢は歯茎でバレる!「ピンクの歯茎」を保つ意外なオーラルケア術

女性たるもの、いつまでも若くて美しい見た目を維持したいですよね。 でもスキンケアやファッションに力を入れるだけではNG。 実は歯茎の色も、見た目年齢や顔の美しさに大きく関わっているんです。

では、ピンク色の綺麗な歯茎を保つためにはどうしたら良いのか、歯磨き以外の方法を3つご紹介します!

ピンクの歯茎を保つ意外なオーラルケア術

タバコを吸わない

oral02
出典:weheartit

タバコは美容に良くないと言われていますが、実は歯茎にもNG。 タバコに含まれる有害物質が色素沈着を招き、歯茎を黒ずんだ状態にしてしまうのです。 また、タバコは血流を悪化させるので、血色の悪い紫色の歯茎になってしまいます。

そのため、タバコはできるだけ吸わないのが一番。禁煙することでピンクの歯茎を保つことができます。


鼻呼吸をする

shutterstock_451346656

口呼吸をしていると歯茎が乾燥して、炎症を起こしやすい状態になってしまいます。 口臭や歯周病も招いてしまうので、口呼吸をしている人は今すぐ鼻呼吸をする習慣を身につけましょう。

鼻がつまりがちで口呼吸をしてしまうなら、耳鼻科に行って早めに治療することが大切です。


ビタミンCを摂る

oral04
出典:weheartit

ビタミンCには美白作用があり、歯茎の色素沈着も防いでくれます。 ビタミンCはストレスや喫煙、不摂生などで消費されやすいので、日頃から積極的に補給しましょう。

ただしビタミンCの多いキウイや柑橘類には日中の紫外線を吸収しやすくするソラレンが多く含まれているので、夕食後に食べることをおすすめします。


日頃のケアで歯茎美人になりましょう

oral00
出典:besty.jp

いかがでしたか? 美人だと思われる女性は、不思議と歯茎も綺麗なもの。あなたも自信を持って笑顔になれるように、上記のようなケアを意識してみてくださいね。