でこ2

「おでこの凝り」を解したらもっと「パッチリ目」になる!

おでこの凝り。あまり耳慣れない、というか全く気にしたことがない、という人がほとんどだと思います。でも、知らない内に凝っていたおでこ、そのままにしておいたせいで、本当はもっと大きいはずの目が小さくなっている可能性も……!

そこで今回は、おでこが凝る原因、そして凝りを解す方法についてご紹介します。おでこの凝りを解せば、もっとパッチリな目になれそうなんです。

「おでこの凝り」を解したらもっと「パッチリ目」になる!

普段、意識することはありませんが、おでこにも筋肉があり、肩が凝るようにおでこも凝ることがあります。そして、それを放置していると顔のたるみの原因になってしまいます。特に注意して欲しいのは、眉間にシワを寄せる癖がある人。日常的に眉間にシワを寄せていると、おでこが凝りやすくなってしまいます。


おでこが凝ると?

でこ1

おでこが凝ると皮膚が弛んできます。そしてそのたるみが目の上にのしかかり、まぶたが重く垂れて、目が小さくなってしまいます。実は、おでこは疲れや緊張が蓄積しやすい部位で、顔の中でも最も凝りやすいと言われているんです。


凝りを解消してパッチリ目になるマッサージ

凝りを解すには、マッサージが効果的です。でも、顔の皮膚や筋肉はとても繊細なので強く刺激せず、やさしくマッサージするようにしましょう。

おでこマッサージ

1. 両手を握って掌を作り、親指の付け根の部で円を描くようにおでこを揉みほぐす。
2. 人差し指をカギ型にし、眉頭から眉尻、こめかみまで円を描くように揉みほぐす。
3. おでこもジワが出来ないように気を付けながら、皮膚を縦につまんで揉みほぐす。
4. 右手でこめかみを押さえ、左手でおでこを引き上げる。反対側も同様に行う。


目の疲れや目の下のクマがある場合は、側頭部のマッサージも効果的なので、合わせて行いましょう。
側頭部マッサージ

1. 指先が後ろ向きになるようにして、手のひらで顔を挟む。
2. 指先で側頭筋に心地よい程度の圧を掛けながら、少しずつ下に移動。
3. そのまま耳の上、耳の後ろ、耳の下の首筋、鎖骨の順で押していく。

頭部全体のリンパの流れを良くし、頭の筋肉を活性化させることで、顔の引き締め効果、リフトアップ効果、小顔効果が期待できますよ。


普段気にしたことのないおでこや顔の凝り。気が付いた時に毎日、簡単マッサージを習慣付ければ、スッキリ小顔とパッチリ目の効果が期待できますよ。