product_image

傷痕虫刺され痕……諦めなくてOK!バイオイルが超使える♪

ニキビ痕に虫刺され痕、傷跡……。いつまでも消えない後、見るたびに気になるし、足に痕があるとミニスカートを履くのもちょっとためらってしまいます。皮膚の新陳代謝を高めていつの間にか治るのを待つのも、気が遠い上に頼りない話。かと言って諦めるのはイヤですよね。

そんな時、バイオイルが使えるんです。


傷痕虫刺され痕……諦めなくてOK!バイオイルが超使える♪

7a5c15666e7dec7be8908e1c94c54965_s

バイオイルは、治っても消えない傷痕などをケアする商品として、世界中で多くの人に利用されている商品です。残ってしまった痕には、保湿ケアが重要な意味を持ちます。バイオイルは有効成分が角質層の奥に浸透、傷痕を保湿して乾燥を防ぎ、小じわや痕を目立たなくキレイにする働きをします。


肌トラブル痕のケア効果が話題

shutterstock_397740052

傷痕などだけでなく、肌トラブルの痕が残ってしまった場合のケアに、幅広く効果があると注目されています。

・ニキビ痕の陥没、色素沈着の改善に
・肌のかさつき、乾燥肌の保湿に
・毛穴の開き対策に
・肌のキメを整える美肌ケアに



バイオイルの効果的な使い方

product_image
(出典:www.bioil.jp )

バイオイルの使い方は簡単です。
ます、お風呂上がりや洗顔後に化粧水で保湿をし、その後にバイオイルを気になる部分に塗ります。それからクリームや乳液など、普段のケアの続きをすればOK。バイオイルを皮膚の奥までしっかり浸透させるため、乳液の前に付けるのがコツ。基本的に朝晩のスキンケアに合わせて塗りますが、その他にも気になった時につけて問題ありません。


全身のケアに!

shutterstock_430349773

顔やボディの気になる痕だけでなく、全身のケアやマッサージにも使えるバイオイル。幅広く使える優秀さも魅力です。

バスタイムに全身のケア
お風呂に入れて、全身の乾燥肌対策、保湿ケアに。

マッサージオイルとして
バイオイルをたっぷり使ってボディマッサージや顔のマッサージ。
摩擦を防いで肌への負担を大きく軽減し、同時に保湿ケアもできます。

ヘアトリートメント
シャンプーに数滴垂らして使うと、髪の保湿に有効です。
洗髪後、タオルドライをして半乾き状態の髪に、手のひらに数滴落として広げたバイオイルをなじませてヘアトリートメントとして使うのもオススメです。




古い傷痕にニキビ痕、虫刺され痕。気にするより、バイオイルで毎日ケアがオススメです。傷痕がなくても、全身のケアに幅広く使える優秀なオイル、1本持っておくとキレイを磨くのに色々と役立ちそうですね。