large-12-1

秋冬のむくみを防ぐ!”ちょこちょこ飲み”の方法

秋になると、肌が乾燥しやすいなど女性には気を付けなければいけないことが多いですが、その中でも忘れがちなのがむくみケアです。

気温が下がるため、足元も冷えてしまってむくみが起きやすくなるのです。そんな秋や冬に取り入れたいのがちょこちょこ飲みです!

飲み方を変えるだけで出来るむくみケア方法をご紹介します!

水分の取り方で「むくみ」が変わる

large-12-1
出典:weheartit

「1日2L以上水分を取るべき」「3~5Lが効果的」など、水分を多くとった方が痩せるというのはよく言われることです。しかし、水分を取りすぎるとむくみがひどくなるというデメリットもあります。

結論から言うと、水分は2Lで十分で、それ以上飲むとむくみが増えてしまうので女性は避けたほうが良いのです!大切なのは、水分の摂取と排出のバランスが整っていることが大切です。

水分量を今よりも増やそうとしている人は、積極的にトイレに行くようにしましょう♪

ちょこちょこ飲みがむくみ防止に♡

1日に2L水分を取ろうと、朝に一気飲み・・・というのは、むくみにつながりやすいので避けるようにしましょう。朝ちょこっと水を飲む、昼にちょこちょこ水を飲む、午後に、夕方に、と1日の水分スケジュールを立てて、ちょこちょこ飲むことでむくみ知らずの脚になります♡

ちょこちょこ飲みのやり方♪

large (12)
出典:weheartit

<午前中の水分>
  • 朝起きてすぐの水:200mL
  • 朝食の水分:200mL
  • 仕事中の水分:200mL
午前中の水分合計:600mL


<午後の水分>
  • ランチの水分:200mL
  • 午後の水分(ちょこちょこ飲む):500mL
午後の水分合計:700mL


<夜の水分>
  • 夕食時の水分:200mL
  • 入浴前の水分:200mL
  • 寝る前の水分:200mL
夜の水分合計:600mL

あくまで目安ですが、このくらいちょこちょこ飲むことが大切です!

計画的な水分補給でむくみ知らずに♪

むくみを放置してしまうと、脂肪がつきやすくなったり、セルライトの原因になったりと女性にとってよい影響はありません。水分の取り方でむくみケアが出来るので、ぜひ参考にしてみてください♪