perfume2

あなたも香水スメハラ!?つけすぎチェックと正しいつけ方

香水のよい香りは、つけている人をウキウキさせ、周囲へはおしゃれな人とか、清潔な人とかと感じさせるものでもあります。

しかし、香水のつけ方しだいでは周囲へのスメハラとなってしまうこともあります。

ここでは香水をつけすぎていないかチェックする方法と正しい付け方を紹介します。

香水のつけすぎかどうかチェックしよう!

perfume1

Check1:全身に5プッシュ以上つけている

多くの人が使っている香水がスプレータイプ。

しっかり香っているか心配になったり、香りになれてしまっていて、しっかり香るようにと全身に5プッシュ以上かけている場合はつけすぎです!

Check2:頻繁に香水をつけ足している

香りが飛んでしまっていると不安になり、2時間に1回程度のつけ足し、もしくはトイレに行くたびに香水をつけ足しているなら、完全につけすぎです!

香水には香りの濃度の違いで4種類あります!

perfume2

■パルファン(香水)

4種類の中で一番香りの濃度が濃く、香りが持続する時間も5時間から12時間くらい。

■オードパルファン

パルファンと比べて香る濃度が若干薄いので、香りが持続する時間もパルファンより短いです。

■オードトワレ

濃度が薄いので香りの持続時間も3時間から4時間くらいでほんのり香る程度。普段使いに◎

■オーデコロン

濃度が最も薄いので、香りが継続する時間も1時間から2時間程度と最も短いです。

香りの持続時間が異なるので、香水のつけ足しには香りの持続時間を参考にすると良いでしょう。

香水をつける場所

perfume3

■首筋、耳の後ろ、うなじ、肘の内側

首筋、耳の後ろ、うなじ、肘の内側には大きな血管があり、体温が比較的高い場所です。

ここに香水をつけることで香水本来の香りが香ってくるので香りを十分に堪能できます。

■足首、内太もも、膝裏

香りは下から上に蒸発する性質があるので、濃い目の香水は下半身につけることで、香水の濃さがとれた優しく心地よい香りに変化させることができます。

■ウエスト、胸元、手首

しっかりと香水の香りを香らせたい時は上半身につけると効果的。

特に気になる異性と近づきたい時はより魅力もアップします。
香水はTPOに合わせて使う事で、ファッションや身だしなみの1つになります。

大人の女性としても魅力をアップさせるためにも香水の香りはぜひ味方につけたいですね。