shutterstock_753711568

いつの間にか出来てる足の青あざ、原因と対処法はコレ

キレイな足と聞くとどんな足を思い浮かべますか?締まった細い足、ムダ毛の無い足、しっとりとしたツヤ足を思い浮かべる人もいるでしょうか。
それでは、その思い浮かべたキレイな足にもしも青あざが出来ていたら…なんだか痛々しくて、キレイという印象ではなくなってしまいますよね。

また出来てる!足の青あざ、その原因と対処法

shutterstock_753711568

きっと多くの人が経験のある知らないうちにで来ている足の青あざ、今回はその原因対処法をご紹介します!


足の青あざは毛細血管がもろくなっているから

ぶつけて出来る青あざは強い衝撃によるものですが、毛細血管がもろくなっているとほんの少しの衝撃でも内出血が起こって青あざが出来てしまいます。

毛細血管がもろくなってしまう原因には

・冷え性
・ビタミンPの不足
・ホルモンバランスの乱れ

などがあります。

それらが原因となって毛細血管がもろくなり、また筋肉量が少ないと止血が上手く出来ずに内出血してしまい青あざが出来るのだそう。

足の青あざは温めて改善!

shutterstock_348089333

知らないうちにで来ている足の青あざは、気が付いた時にはすでに時間が経ってしまっていることがほとんどですよね。
出来てから時間が経ってしまった青あざは、血行を良くすることで早く治ります。体温より少し高い温度の蒸しタオルなどを患部に当てて温めましょう。

また、ビタミンPはミカンの皮やスジ、お蕎麦アスパラガスの穂先に含まれています。青あざ防止のために普段から積極的に食べたい食材です。


青あざ予防で真の美脚を目指そう!

どんなにキレイな美脚も、青あざが出来ているだけで痛々しさが目立ってしまい、美脚とは呼べなくなってしまいます。

日頃から毛細血管を強くする生活習慣を心掛けて、出来てしまった青あざは温めることで早く治すようにしましょう!