18444440_126660691222525_3148031412435681280_n

その「手」は既に50代!?5月にすべき正しいハンドケア

だんだんと温かくなってきましたが、紫外線対策はしていますか?

化粧下地に日焼け止め効果があるからと、そのまま出かけている人が増えている季節ですが、本当にケアしなければいけないのは「」だということを知っていますか?

手は年齢が出る季節なので、紫外線対策をしっかりと行うことが大切です!

この季節のハンドケアが重要!

18444329_676278499234982_2697866488458510336_n
出典:instagram

5月から6月は、春から夏に向けてだんだんと気温が暖かくなったり、紫外線が強くなったりする時期です。

ここで気を付けなければいけないことは、この時期はものすごく乾燥するということ。紫外線でダメージを受けた肌が乾燥してしまうと、シミやしわの原因になります。

特に、トイレの度に手を洗ってしまう「手」は、日焼け止めが落ちてしまうし、水をぬぐった時に乾燥するため老化が著しい部位でもあります。

正しいハンドケアの方法

18444440_126660691222525_3148031412435681280_n
出典:instagram

(1)日焼け止めはウォータープルーフ

手は、よく水に触れる部分ですが、洋服を着ていても必ず外に出ている部分なのでしっかりとケアする必要があります。

紫外線対策として、手にはウォータープルーフの日焼け止めを塗るようにしましょう。ウォータープルーフなら、水に触れても紫外線対策が出来るのでおすすめです。

(2)化粧水とハンドクリーム使う

日焼け止めを塗った肌は負担がかかってしまうので、家に着いたら必ず手を洗いましょう。そして、化粧水とハンドクリームを使ってしっかりと保湿することが大切です。

ハンドケアで周りに差をつけよう!

ハンドケアをさぼっている人は、早い人で30代で手にシワやしみが増えていきます。そうならないためにも、今からしっかりとハンドケアをしていきましょう♪

化粧水とハンドクリームを組み合わせて、いつまでも美しい手で過ごしませんか?