shutterstock_282027803

できると結構恥ずかしい「青あざ」を早く治す3ステップ

腕や脚などをぶつけた後にできてしまう青あざ 。 露出した時に意外と目立ってしまって、恥ずかしい思いをした…という人も多いのでは? そんな思いをする前に、青あざを早めに解消する治し方 をご紹介します。

「青あざ」を早く治す3ステップ

STEP1.まずは冷やす

shutterstock_282027803

あざができそうなくらい身体をぶつけてしまった時は、すぐにその部分を冷やしましょう。 冷やすことで炎症を抑えて、症状の悪化を食い止めることができます。

冷やす時は冷たい水で濡らしたタオルか、タオルで巻いた保冷剤を使うとGOOD。 また、ぶつけた部分に痛みや熱がある日の入浴は、できるだけ浴槽に浸からないで、シャワーだけで済ますことをおすすめします。



STEP2.落ち着いたら温める

large
出典:weheartit.com

ぶつけて1~2日経って痛みや熱感がなくなったら、今度はお風呂などに入って患部を温めましょう。 温めて血行を促すことで、治癒力を高めて青あざを予防・改善することができますよ。

できてから時間が経ってしまった青あざにも、温活がおすすめです。 冷えやすいパーツであれば、ゆったりしたサイズのレッグウォーマーやアームウォーマーをつけたり、カイロで温める方法も効果的です。



STEP3.美白ケアでメラニンを排出

slarge
出典:weheartit.com

数日以上経っても消えない青あざは、シミと同じようにメラニンが蓄積された状態になっています。 ビタミンCを多めに摂ったり、美白用の美容液やボディクリームなどを塗って、メラニンの排出を促しましょう

新陳代謝を活発にすると治りも早くなるので、睡眠をしっかり取ったり、運動や入浴で代謝を良くする方法もおすすめです。



早めに治して白肌ボディを取り戻そう!

いかがでしたか? 透明感のある綺麗な身体を保つために、青あざケアも取り入れてみてくださいね。