shutterstock_380796106

お風呂あがりに全身が痒くなる。どうしたらいい?

「お風呂あがり、全身が痒くなります。クリームを塗ってもあまり効果ありません。冬の時期は特にひどいです。どうしたらいいですか?」

今回は寄せられた質問にお応えしていきます。

お風呂あがりに全身が痒くなる。どうしたらいい?

お風呂あがり、急に体にかゆみが出るのはよくあることです。多くの場合は、バスタイムの中に原因があると考えられます。いくつか注意点がありますので、1つずつ説明してきます。

熱いお湯が皮膚を乾燥させる

shutterstock_380796106

寒い冬は特に熱めのお湯で温まりたくなりますが、熱すぎるお風呂はNGです。お湯は42℃を超えると、皮膚の保湿成分を溶かしてしまいます。すると皮膚が水分を保持する力が弱まり、肌が乾燥してしまいます。
体が粉を吹いて痒みがひどい場合、皮膚組織がすでに壊れている可能性があります。皮膚を守るために、

ボディーソープが皮膚構造を壊す

gahag-0021221079-1

市販の多くのボディーソープの主成分は、「合成界面活性剤」です。皮膚は外側からの異物や化学物質等を侵入させないため、また体内の水分が蒸発しないように、非常に強固なバリア機能を持っています。
水と油を混ぜ合わせる作用を持つ合成界面活性剤は、肌を守るバリア機能を壊して皮膚構造を破壊して肌の深いところまで浸透します。皮膚構造が壊されると、皮膚の水分が蒸発し、肌が乾燥してしまいます。

合成界面活性剤は、一度皮膚に付くと取れにくい性質を持つため、洗い流しても肌に残ってしまいます。結果、肌の乾燥はどんどん進み、体が粉を吹いて痒みがでてしまうのです。

肌を守るためには、ボディーソープを使わないのが一番です。体を洗うのには、無添加のシンプルな石鹸を使いましょう。すでに体に粉を吹いていたり、痒みがひどい場合は、石鹸も使わなくていいです。汚れの気になる部分だけを石鹸で洗いましょう。少々の汚れなどは、お湯で洗うだけで十分です。

ゴシゴシ洗いは皮膚を傷つける

体をゴシゴシ洗うのも、皮膚を傷つけてしまいます。ナイロンタオルなどは最も肌に悪いしボディブラシもダメですが、タオルでもゴシゴシ洗うのは良くありません。顔の皮膚同様、体の皮膚も強く擦ると皮膚が傷つき、乾燥しやすくなってしまいます。
体を洗う時は、顔を洗うときのように手のひらに石鹸を泡立てて、なでるようにやさしく洗うのがベストですよ。

乾燥を防いでしっとり潤い肌になるバスタイム

gahag-0002086527-1

皮膚を壊さず、乾燥肌になるのを防ぐには、薬用入浴剤を使うとより効果的です。今回のようなバスタイム後の悩みにピッタリの薬用入浴剤もありますよ。 kamitsuren_photo01 カモミールから抽出した国産のカミツレエキスが配合された【華密恋(カミツレン)】です。これは「ガサガサ」「ムズムズ」「乾燥」などに悩む肌を改善するための薬用入浴剤です。
カミツレエキスに含まれるカマズレンやα-ビサボロールなどの成分が消炎、鎮静、抗アレルギーに作用し、肌を乾燥から守って肌のバリア機能を改善してくれます。更に、合成着色料、合成香料、鉱物油などを使っていないので安心して使え、アトピーや乾燥肌などの荒れた肌を健やかな肌に整えてくれます。
カモミールには保湿だけでなく美白の作用もあるので、乾燥肌を改善し白くしっとりとした潤い肌を作るのにピッタリですよ。


バスタイムに皮膚の組織を傷つけないよう注意することで、乾燥して痒みのある肌も少しずつ改善していくことが出来ます。バスタイムは、【華密恋(カミツレン)】のりんごとハーブの香りでリラックスしながら、じっくりとしっとり潤い肌を育ててみてはいかがでしょう?